現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > スバルオーナー必見!400台が集結した『レガレヴォセッションズ2018』で見つけたオーナーカーをチェック!~その3:3代目レガシィ編~

ここから本文です
カー用品 2018.8.26

スバルオーナー必見!400台が集結した『レガレヴォセッションズ2018』で見つけたオーナーカーをチェック!~その3:3代目レガシィ編~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月24日富士スピードウェイのイベント広場で開催されたスバル・レガシィ、スバル・レヴォーグの大規模な「オフ会」。そのルーツは2005年に開催されたレガセッションズです。この名前は、レガシィのセッションということでつけられたモノで、みんカラなどでレガシィをきっかけに集まったグループ同士が一堂に会する=セッションするというコトから生まれた名称でした。その始まりから分かる通り、あくまでもイベントではなく、オフ会という位置づけですが、時を経てレヴォーグも加わった参加台数は、400台! その規模はもう個人主催のオフ会ではなく、企業が企画するイベントに匹敵すると言っても良さそうです。そういうワケで、オフ会の合間のイベントより、オフミに参加したオーナー車にフォーカスを当てて紹介していきます。3回目はBH/BE型。PGMの名をとって桂田レガシィと言われるこの3代目レガシィをもって完成形という方々もいらっしゃいますね。

バハ! いったい日本に何台入っているんだバハ!

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

2代目レオーネ、3代目レオーネにラインアップされていたスバル・ブラット(トですよブラッドじゃありませんよ)はシングルキャブのピックアップでした。長い月日を経て、3代目レガシィで久々に登場した北米仕様のピックアップがバハ。型式名はBT型でダブルキャブなボディスタイルです。日本国内には数台から数十台レベルが輸入されています。以前はGFインプレッサ、BGアウトバックなどの国内仕様をUS化して乗っていただけに、去年の9月に乗り換えて以降、満足感ありあり。2.5SOHCエンジンとフワフワな乗り心地も北米好きにはたまらない。今後は脚をキメて千里浜を走りたいとのコト。

アナログにクロスカントリー走破性アップ

今回のイベントに登場したBHランカスターは2台とも副変速機付きのマニュアルシフトというマニアックさ。そのうちクロカン四駆のようにアプローチアングルを稼ぐ的なバンパーカットが施された1台を紹介。タイヤはBFグッドリッチのオールテレーンT/Aで、215/65R16と外径が20ミリくらいアップしています。アウトバックやフォレスターなど最新モデルは電子デバイスでオフロードをクリアしますが、コイツなら運転手の技量をそのアナログないろいろでサポートしてくれそうです。

センター寄りレイアウトの4本出しマフラーを見よ!

BHにで戻ってきたしゅんさん。ワンオフW出しデュアルのマフラーが白眉。18インチのウェッズ マーベリック405sは9.0J+30。オレンジカラーのブレーキキャリパーは日産用のロゴ削り仕様となっております。

2回ブローさせたけど、2回とも自分で積み替えた!

右と左で履いているホイールが異なるので訊いてみると「2本ずつしかないです!」というレイズボルクGr.C&ワークエモーションCRkaiというセット。サイズは17インチの9J。インセットはワイトレ込みで前15ミリ/後10ミリ。エンジンはブローさせて自分で載せ替え×2回! 色んな意味ですごいですっ!

毎年フロントバンパーを着せ替えてます!

BH/BE系のラストを飾るのは、純正リップ→C-WEST→ないる屋→C-WESTフォグ一体→ないる屋→03ないる屋……と、毎年フロントバンパーが替えられている1台。22Bキャリパーが懐かしい雰囲気ですが、前置きIC化や、ボンネットはさり気なくウォッシャーノズルをスムージングしてあったりと細かく手が入っています。リムはOZパラディオの19インチ8J+30。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部 古川教夫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します