現在位置: carview! > ニュース > イベント > スバル、マツダ、レクサス、三菱、東京モーターショーに登場した話題のクルマ4選

ここから本文です
イベント 2019.10.29

スバル、マツダ、レクサス、三菱、東京モーターショーに登場した話題のクルマ4選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月4日まで開催中の東京モーターショー。この場で世界初公開された近未来のクルマを一部お見せしよう。

マツダは初の量産EVカーをお披露目!

    6度目の優勝なるか!?スバルが第47回ニュルブルクリンク24時間レースの2ℓ以下のターボエンジン搭載車クラス「SP3T」に参戦

スバル「レヴォーグ」

SUBARUは、第46回東京モーターショー2019にて、新型「レヴォーグ」プロトタイプを世界初公開した。 新型レヴォーグは、SUBARUの持てる最先端の技術を結集し、自動運転化が進むモビリティ社会において、「誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来」を実現したパフォーマンスワゴン。

【参考】2020年後半発売予定!第4世代の新開発1.8ℓ水平対向直噴ターボエンジン搭載、熟成されたスバルの新型「レヴォーグ」

マツダ「MAZDA MX-30」

マツダは「第46回東京モーターショー」(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)にて、マツダ初の量産EV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を世界初公開した。 MX-30は、新たにマツダのカーラインアップに加わる新世代商品の第3弾。デザインは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のもと、「Car as Art」として、さらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦している。

【参考】マツダが初の量産EV「MAZDA MX-30」を世界初公開。電動化技術e-SKYACTIV採用でドライバーが自然に運転を楽しめる走りを実現

レクサス「LF-30 Electrified」

LEXUSは第46回東京モーターショー2019で、次世代の電動化戦略「Lexus Electrified」を発表するとともに、この電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を世界初公開した。 LEXUSは、1989年のブランド創業以来、ラグジュアリーライフスタイルブランドとして一人一人の五感を刺激することで、驚きと感動の提供を追求してきた。2005年にRX400hを発売して以降、二段リダクションギヤやマルチステージハイブリッドの開発など、電動化技術の先駆者として世界をリード。

【参考】2025年には全車種にEVを設定するレクサスの電動化ビジョンを象徴したEVコンセプトカー「LF-30 Electrified」

三菱「MI-TECH CONCEPT」

三菱自動車は、第46回東京モーターショー2019においてプレスカンファレンスを実施し、スモールサイズの電動SUVコンセプトカー『MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)』および軽コンセプトカー『SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)』を世界初披露した。

【参考】近未来的なデザインがカッコいい!小型軽量の新PHEVシステムを搭載した三菱の電動SUVコンセプトモデル「MI-TECH CONCEPT」

構成/DIME編集部

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します