現在位置: carview! > ニュース > イベント > 最高峰のスピーカーシステムを大阪オートメッセで視聴するチャンス

ここから本文です
イベント 2019.2.10

最高峰のスピーカーシステムを大阪オートメッセで視聴するチャンス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーディオ好きならソニックデザイン×オンリーメルセデスのコラボブースへ

 メルセデス・ベンツに乗っていて、オーディオシステムを改善したい、より深く追求したいと望んでいるのなら、大阪オートメッセ会場でまず訪れてほしいブースがある。 それが6号館Bゾーンにある、カーオーディオメーカーの「ソニックデザイン」と、メルセデス・ベンツ専門誌「オンリーメルセデス」のコラボブース。というのもこのブースには3台のメルセデス・ベンツが出展、それぞれにソニックデザインのスピーカーシステムを搭載しているからだ。 しかもこの3台は、混雑状況などにもよるが、いずれも視聴することが可能。当日ブースを訪れて、まず予約をしておけば、順次視聴できるというのだから必見。 中でも目玉となるS560には、10台分限定販売となる至高のスピーカーシステム「Sonic PLUS THE CREST Limited」をインストール。280万円の超ハイエンドシステムを体感できる、またとない機会となっているのだ。

    トヨタ新型スープラが『GRスープラ』と名前が変わったワケ

限定10セットで、お値段なんと280万円。メルセデスに相応しい特別なシステム。

 ソニックデザインのデモカーであるS560・4マチック・ロングに搭載されるのがその「Sonic PLUS THE CREST Limited」。 熟練の技術者によってハンドメイドされた合計9基の専用設計スピーカーモジュールを採用した、革新的なハイファイスピーカーシステム。 独創のスーパーフルレンジ思想が根底にあり、クリアで深みのあるトーンと、バランスに長けた安定感あるサウンドを奏でられる至高のシステムだ。 純正とのトレードイン式となっていて、車両側への取り付け&配線加工が要らず、装着後もすべて元の純正状態へと戻せるのもポイント。 純正コマンドもすべて再現されているなど、取り付け性、操作性の良さにも配慮されているのが特徴だ。

7基のスピーカーでグレードアップを図るSonic PLUS CUSTOMも要チェック。

 ソニックプラスセンター大阪が出展するS213のEクラスには、専用形状エンクロージュアの採用などで完璧なフィッティングも実現した車種別設計モデル「Sonic PLUS CUSTOM」を搭載。 スーパーカスタム仕様アルミハイブリッドエンクロージュアの採用などで、最上級システムであ「Sonic PLUS THE CREST」に迫るパフォーマンスを実現しているのがその特徴。コストパフォーマンスにも優れるため、上質なサウンドを現実的に手に入れられる、注目のシステムとなっている。

メルセデス・ベンツの純正アクセサリーをインストールしたCクラスも出展中。

 さらにオンリーメルセデスのデモカーとして、メルセデス・ベンツ日本株式会社の協力で出展されるW205のCクラスもあり。 こちらの車両には「Sonic Design Sound Suite」が採用されていて、このスピーカーパッケージはメルセデス・ベンツ純正アクセサリーとして設定されているもの。 価格も良心的で、ディーラーで新車購入と同時に購入取付けができ、純正保証を受けられる唯一のスピーカーは信頼度も高い点が魅力だ。 チューンナップキットでオーディオのグレードアップを実現し、純正サウンドシステムの良さを生かしつつ、良好な音色と音質を手に入れることができるシステムで、こちらももちろん、視聴が可能だ。

新世代 SUBARU車用として新型オーバルスピーカーも登場!

 そしてメルセデス・ベンツ車用以外にも今回、新商品としてオーバル(楕円)タイプスピーカーも展示。最近ではカーオーディオ用のスピーカーがドアに装着されることが多く、加えてサイドエアバッグの内圧センサーが装着されるようになるなど、ドア内部スペースや奥行きなどの自由度が減っている。 こうした流れに対応するためにソニックデザインでは、エンクロージュアを基本構造から一新。ドア内部のスペースを最大限に生かすためにエンクロージュアの下側を大きくするなど、薄型化を図りながらも、低音の質感を得るためのノウハウが注ぎ込まれている。 この新型オーバルスピーカーは、3月から新型XVやフォレスター、アウトバックなどの新世代SUBARU車用からリリースされるということだ。

最高峰から純正アクセサリーまでソニックデザインの世界をぜひ楽しんで!

 当日の会場は大変な混雑が予想されるため、視聴も、できる限り早いタイミングで予約しておくのがオススメ。 滅多に体感できない最高峰システムのリミテッドモデルから、手軽に取り入れられる純正アクセサリーまで、ソニックデザインのサウンド創りの奥深さを体感できる貴重なチャンス。 ブースではメルセデスのスピーカーグレードアップを実現するための豊富な選択肢が用意されているから、オーディオ好きのメルセデスオーナーは来場したら、いの一番にソニックデザイン×オンリーメルセデス・ブースへ足を運んでみてほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します