現在位置: carview! > ニュース > イベント > マセラティ・ディ2017 40年眠っていたメキシコ登場

ここから本文です
イベント 2017.12.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主要モデル 勢揃い

今年のマセラティ・デイは1957年にデビューした最初のグランツーリズモである3500GTをはじめとして、セブリング、ミストラル、同スパイダー、クアトロポルテI、メキシコ、ギブリI、同スパイダーとマセラティGTカテゴリーの主要モデルが揃いました。デ・トマソ時代のビトゥルボ・シリーズやその派生モデル達も、近年、参加が増えています。ショート・ホイールベースと端正なソフトトップを持つスパイダー・ザガート、その派生モデルとも言えるカリフや、近年市場価格がバブルの様相を見せてもいるシャマル、そしてクアトロポルテIV、最もポピュラーなギブリIIなどが集合しました。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く