サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【昭和の名車108】初代セドリックは日産が初めて独自に開発した1.5Lクラスの乗用車だった【連載再開】

ここから本文です

【昭和の名車108】初代セドリックは日産が初めて独自に開発した1.5Lクラスの乗用車だった【連載再開】

以前に連載した「昭和の名車」では、紹介しきれなかったクルマは実はまだ数多くある。そこで108台目から連載を再開することにした。1960年代以降の隠れた名車を順次紹介していく。通算第108回は、昭和35年(1960年)に発売された初代の「日産 セドリック(30型)」だ。

日産 セドリック(30型):昭和35年(1960年)4月発売
日産は戦後大きく遅れをとった乗用車生産技術を習得するため1952年(昭和27年)からオースチンA40をノックダウン生産。1956年にはA50の完全国産化を実現したが、1960年3月に英BMC社との契約が終了するため、日産独自の1.5Lクラス乗用車開発が急務となっていた。

【スクープ】新型ヤリスの「GR-4」がGRMNの正体? 3気筒ターボを搭載して2020年内に発売か

戦後初の“ニッサン”ブランド乗用車の開発に際しては、
1)斬新で豪華なスタイル、
2)小型車規格内で6人乗りとして十分なスペース、
3)乗り心地/高速安定性/操縦性/制動性能にはとくに注意を払い大型車の感じを与える、
という重点目標が置かれたという。

1960年(昭和35年)4月に発売されたセドリックは、Aピラーを前傾させたパノラミック(フロント)ウインドーやメッキパーツの多用などアメリカ車の影響を強く受けたスタイリングに、ワイド感を強調する縦目丸4灯という独自の個性をプラス。前後ベンチシートの室内も3人並んで座れる幅を持っており、前:ダブルウイッシュボーン/コイル、後:3枚リーフ/リジッドサスペンションはそれぞれ280mm/180mmのストロークを確保してソフトな乗り心地を実現していた。

機構面では、ユニットコンストラクション(モノコックボディ)で車重をデラックスで1195kgに収めたのが画期的だった。構造はサイドシルを主要強度部材とするA50の発展型だが、国産1.5Lクラスでは初採用だったし、ボディ剛性もA50より曲げ1.14倍、捻り1.31倍になったと公称している。

エンジンは1488ccの直4 OHVで圧縮比8.0と2バレルキャブにより当時としては高回転だった5000rpmで71psを発生した。トランスミッションは唯一A50から引き継いだ4速MTで、2速以上に付くワーナー製のボークリング(シンクロナイザーリング)により、確実で気持ちよいシフトを実現していた。

動力性能は16.8kg/psの馬力荷重を活かし、0→80km/h加速は13.7秒を計測(モーターマガジン誌による車載メーターとストップウオッチによる計測。雨天の4名乗車)。ハンドリングも、巧みなサスペンションセッティングと6.40-14タイヤにより、当時としては異例ともいえる弱アンダーステアを維持した。操舵系はギア比17.3のウオーム&ローラーと直径430mmのコーン型ステアリングを採用。ロックtoロック3.5回転と操作が忙しいとはいえ非常に素直なものだった。ブレーキは、セルフサーボ機能を持ち軽い踏力で強力な効きが得られる前:ユニサーボ、後:デュオサーボが採用された。フェザータッチのペダルフィールは女性に好評だった一方、慣れないうちは効きすぎるという人も多く、評価は二分している。

装備の充実もセドリックの美点のひとつで、デラックスにはヒーター、ラジオ、時計などが標準装備される。とくにラジオはアンテナ/バッテリー/スピーカーを内蔵していて、車載時には12V電源に接続して自動車ラジオとなり、専用キーで取り外せば車外に持ち出せるポータブルラジオとなるアイディアで注目された。またオプションでヒーター/クーラー両用のダッシュタイプエアコンも装着可能で、エンジンブロックにあらかじめコンプレッサー取り付け用の穴が設けられるなど、グレードアップを見越した準備も怠りない。



日産 セドリック デラックス(1960年)主要諸元
●全長×全幅×全高:4410×1680×1520mm
●ホイールベース:2530mm
●重量:1195kg
●エンジン型式・種類:G型・直4 OHV
●排気量:1488cc
●最高出力:71ps/5000rpm
●最大トルク:11.5kgm/3200rpm
●トランスミッション:4速コラムMT
●タイヤサイズ:6.40-14 4P
●価格:101万5000円

[ アルバム : 日産 セドリック(1960年) はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します