サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ウエットと見分けがつかない恐怖のブラックアイスバーン】濡れた路面より3.5倍も制動距離が伸びる凍結路面を見分ける方法と走り方とは

ここから本文です

【ウエットと見分けがつかない恐怖のブラックアイスバーン】濡れた路面より3.5倍も制動距離が伸びる凍結路面を見分ける方法と走り方とは

 暖冬で雪が少ない道ほどアイスバーンになりやすい!

 今シーズンは1月になっても暖冬傾向で、各地で雪が少ないといわれているが、雪国なのに雪が少ない道ほどアイスバーンになりやすいので要注意。

【毎年のことなのにパニックに!】事前に知っておけば避けられる冬のドライブでの危険と回避する方法6つ

 氷雪道には、新雪、圧雪、シャーベット、そして路面が凍結した状態になるアイスバーンがあり、アイスバーンにも積もった雪がタイヤで押しつぶされた圧雪アイスバーンと、交差点などで、停車したクルマの熱で雪が溶け、あるいは制動・発進時のタイヤの摩擦で、路面が磨かれ、それが再凍結したミラーバーン、そして路面が濡れたような状態で、表面が薄く凍っているブラックアイスバーンの3種類がある。

 スタッドレスタイヤは、雪道にはかなり強いが、凍結路面ではそれほどグリップしてくれないので注意が必要。とくにブレーキが利きづらくなるので気をつけよう。

 雪道では、乾いた路面よりも2.4倍の制動距離が必要になるが、ミラーバーンだと8倍もの制動距離がないと止まれない。なので、路面がツルツル、テカテカ光っているところはアイスバーンだと思って、できるだけ避けて、慎重に走ること。

 なかでもブラックアイスバーンは、見た目では濡れた路面と区別がつかないので、非常に厄介で危険。JAFのテストでも、濡れた路面なら40km/hから20mで停止できたクルマが、ブラックアイスバーンでは、69.5mと、その差は約3.5倍というデータがある。

 見た目が同じなのに、これだけ滑りやすさが違うのは大問題なので、雪道を走っているときに黒く濡れた路面が出てきたら、ブラックアイスバーンだと思って、最徐行しよう。とくに夜間や朝方、日陰になる部分、橋の上、トンネルの出入り口では、ブラックアイスバーンになりやすいので、細心の注意が必要だ。

 外気温や路面から伝わる音も重要な見極めポイントになる!

 あとは外気温度と音も重要。

 クルマの外気温度計のセンサーは、バンパー付近に取り付けられている場合が多いので、外気温度計が示す温度より、路面の表面はもっと冷えている可能性が高い。クルマの外気温度計が+3度以下になったら、路面の凍結に警戒し始めた方がいい。

 また、シャーベットや濡れた路面のときは、タイヤから「シャー」という音が聞こえるが、アイスバーンではその音が小さくなるので、これも目安になる。

 走り方としては、前述のとおり、アイスバーンはかなり制動距離が延びるので、とにかく車間距離を広げること。上り坂では前車がスリップ気味になることもあるだろうし、下り坂ではさらに制動距離が延びるので、雪道以上の車間距離の確保が必須。交差点などで止まるときも、停止ライン付近がとくにアイスバーンになりやすいので、意識して普段よりもかなり手前からゆるやかにブレーキを踏むのがコツ。

 VSCやTRCなどのスタビリティコントロールは、もちろんON! 氷雪路ではこれらの電子デバイスがとても優秀な仕事をしてくれるので、これを最大限活用しない手はない。

 あとは十分時間に余裕を持って出かけて、急ブレーキ、急ハンドル、急アクセルを避けること。制動時や発進時は、轍を避けて、タイヤを雪の上にのせるとグリップしやすくなるのも覚えておこう。

 また、雪が降っているときは、ライトを点けて、エアコンを入れて(外気導入)窓が曇らないようにして、視界を確保するのも肝要。窓の内側が汚れていると、曇りやすくなってしまうので、ガラスをきれいにしておくことも忘れずに。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します