サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 父ミハエル・シューマッハーのF1デビューから30年。ミックが1991年型ジョーダン191でデモラン

ここから本文です

 ハースF1チームのミック・シューマッハーが、7月20日、イギリス・シルバーストンでジョーダン191を走らせた。父ミハエルが初めて乗ったF1マシンだ。

 これは『Sky Sports』がベルギーGPの番組用に実施した企画。7度のF1チャンピオン、ミハエル・シューマッハーは、1991年ベルギーGPでジョーダンからF1デビューを果たした。デビュー戦でシューマッハーはリタイアとなったものの、予選で7番手を獲得し、注目を集めた。その時乗っていたのがジョーダン191・フォードV8だった。

FIAのトッド会長、現在も月に2度ミハエル・シューマッハーの元を訪れていると明かす

 この日、ミックはショートランを繰り返し、番組のための撮影を行った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン