サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1、2020年マシンのカラーリング発表。原点回帰?

ここから本文です

ハースF1、2020年マシンのカラーリング発表。原点回帰?

ハースF1、2020年マシンのカラーリング発表。原点回帰?

 ハースF1チームが、2020年シーズンを戦うニューマシンVF-20のカラーリングを発表した。全10チーム中、最も早く新車のイメージを公開したチームということになる。

 2019年は苦しいシーズンを送ったハース。当初はメインスポンサーを務めていたエナジードリンクブランド”リッチエナジー”のカラーリングを身に纏ったが、シーズン途中で同社がスポンサーから離脱。それでもシーズン末までは、黒と金のカラーリングを維持した。

■中国GPの開催可否は今後1~2週間で決定か。F1側は延期を検討も前途多難

 今回発表されたカラーリングは、黒ベースながらもホワイトと赤で塗り分けられており、2018年までのカラーリングによく似ている。

 厳しい2019年を経て、復活を期す2020年。チームはこの後、2月19日から始まるカタルニア・サーキットでのプレシーズンテストで、走行開始前に実車を報道陣に公開。その後、ケビン・マグヌッセンがステアリングを握り、走行をスタートする予定だ。2日目にはロマン・グロージャンがドライブ。3日目にはふたりのドライバーがマシンをシェアする予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します