現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > えっ、ステーションワゴン復活? ボルボ「V60」「V90」販売中止から一転、英国で再導入

ここから本文です
えっ、ステーションワゴン復活? ボルボ「V60」「V90」販売中止から一転、英国で再導入
写真を全て見る(1枚)

需要高まりを受け再販決定、でもいつまで?

ボルボは昨年、SUVに注力するために英国など一部市場でステーションワゴンの販売を中止したが、需要の高まりから復活が決定した。

【画像】北欧生まれの高級大型ステーションワゴン【ボルボV90を写真でじっくり見る】 全21枚

英国ではまもなく、中型ステーションワゴン「V60」と大型の「V90」の新バリエーションが導入される。しかし、セダンのS60とS90の販売再開は予定されていない。

V60には、最高出力200ps、0-100km/h加速7.6秒のマイルドハイブリッド2.0L 4気筒ガソリンエンジン車と、最高出力355psならびに460psの2種類のプラグインハイブリッド車(PHEV)が用意される。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

中国製EVへの関税で「価格上昇」も? スマート(Smart) EVの欧州生産を検討 
中国製EVへの関税で「価格上昇」も? スマート(Smart) EVの欧州生産を検討 
AUTOCAR JAPAN
60年代風スポーツカーを作っていた会社が経営破綻 7000万円超の「マスタングEV」1台も納車されず
60年代風スポーツカーを作っていた会社が経営破綻 7000万円超の「マスタングEV」1台も納車されず
AUTOCAR JAPAN
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
どんどん重くなるクルマ 過去7年で平均重量400kg増加 電動化とSUV人気が背景に
どんどん重くなるクルマ 過去7年で平均重量400kg増加 電動化とSUV人気が背景に
AUTOCAR JAPAN
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
欧州メーカーが「本気で警戒」する時が来た! キアEV9 ベスト・ラージカー賞 AUTOCARアワード2024
欧州メーカーが「本気で警戒」する時が来た! キアEV9 ベスト・ラージカー賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
BMWが新型クーペ開発中 「i8」後継EVプロトタイプ発見 インホイールモーターで1360馬力?
BMWが新型クーペ開発中 「i8」後継EVプロトタイプ発見 インホイールモーターで1360馬力?
AUTOCAR JAPAN
【ディーゼルAWDは決意の証】改良モデル全車発進! フォルクスワーゲン大発表会
【ディーゼルAWDは決意の証】改良モデル全車発進! フォルクスワーゲン大発表会
AUTOCAR JAPAN
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
レクサス、英国で大幅値下げを実施 「UX 300e」は約145万円も安くなる 販売促進へ
レクサス、英国で大幅値下げを実施 「UX 300e」は約145万円も安くなる 販売促進へ
AUTOCAR JAPAN
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「2ドア・クーペ」復活へ! 新型プレリュード欧州導入 2.0Lガソリン「e:HEV」採用か
ホンダ「2ドア・クーペ」復活へ! 新型プレリュード欧州導入 2.0Lガソリン「e:HEV」採用か
AUTOCAR JAPAN
フォルクスワーゲンらしい「バランス」の高さが◎ ID.7 ベスト・サルーン賞 AUTOCARアワード2024
フォルクスワーゲンらしい「バランス」の高さが◎ ID.7 ベスト・サルーン賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
ホンダが斬新デザイン「SUV」を次々発表! 4ドアスポーツセダンも登場予定!? 攻勢続く中国市場のイマ
ホンダが斬新デザイン「SUV」を次々発表! 4ドアスポーツセダンも登場予定!? 攻勢続く中国市場のイマ
くるまのニュース
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 前編 成長と急落、BYDの台頭
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 前編 成長と急落、BYDの台頭
AUTOCAR JAPAN
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
くるまのニュース
ホンダが赤い新型「プレリュード」初公開!  美麗すぎる「スペシャリティクーペ」登場!? HV25年記念で欧州で復活
ホンダが赤い新型「プレリュード」初公開! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」登場!? HV25年記念で欧州で復活
くるまのニュース
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
くるまのニュース

みんなのコメント

6件
  • zoo********
    ステーションワゴンは使い勝手がいいし走行安定性も高い。
    SUVブームもそろそろピークを迎えてクーペSUVとか派生が出てきましたね。
    ボルボのクロスカントリーは見直される時期かもしれません。
  • sbo********
    イギリスではステーションワゴンはXC60の5分の1しか売れていなかったのか、、。グローバルではV60がママ車、V90がパパ車の位置付けなんだろうけど、日本ではママ車はV40をよくみます。で、90だと日本には大きすぎてパパ車になっていないと思う。日本にはかつてあったV70くらいが立駐にもどうにか入って、ちょうど良いサイズだと思うのですが、もう戻ることもないだろうし、、、。車作りとしては好きなメーカーですが、電動車1本にするのはシェアを落とす事になると思うので心配です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村