サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヒュルケンベルグはどこにゆく? 本人はF1残留希望も「どこでもいい訳ではない」

ここから本文です
 ルノーを今季限りで離れるニコ・ヒュルケンベルグは、現時点では2020年のF1シートを確保することができていない。ハースが移籍先の有力候補と見られていたが、彼らはロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのコンビを来季も継続することを明らかにしたため、その選択肢は潰えてしまった。

 ヒュルケンベルグに残された現実的な選択肢は、アントニオ・ジョビナッツィの残留が未確定なアルファロメオか、ロバート・クビサの今季限りでのチーム離脱が決定しているウイリアムズだろう。なお、ウイリアムズはヒュルケンベルグが2010年にF1キャリアをスタートさせたチームでもある。