サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本人F1チーフエンジニア、小松礼雄が語るミック・シューマッハー「寛大で意欲的な姿勢に皆助かっている」

ここから本文です
 今季ハースからF1デビューを果たしたミック・シューマッハーについて、同チームのチーフ・レースエンジニアを務める小松礼雄は、そのオープンで建設的なアプローチが、チーム内の全てのスタッフ皆が助かっていると語る。

 2020年にFIA F2で王者に輝いたシューマッハーは、今季ハースからF1デビュー。マシンのパフォーマンスに足を引っ張られる形で、隊列の後方を走るシーンが多いが、それでもチームメイトで同じくルーキーであるニキータ・マゼピンに、ほとんどのレースで大差をつけている。

おすすめのニュース

サイトトップへ