現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パワーアップと多くの新しいデザイン要素を備えた新型「プジョー208」登場!

ここから本文です

パワーアップと多くの新しいデザイン要素を備えた新型「プジョー208」登場!

掲載 3
パワーアップと多くの新しいデザイン要素を備えた新型「プジョー208」登場!

パワーアップとニューデザインエレメントを携えて、研ぎ澄まされた爪を見せる新型プジョー208。プジョーは、多くの新しいデザイン要素を備えたフレッシュな208を発表する。この小型フランス車には、内燃エンジン、ハイブリッド、電気自動車バージョンが用意される。

プジョー最小のライオンが新しい姿に。2012年に「207」の後継車として登場した「プジョー208」。「Active」、「アリュール(Allure)」、「GT」バージョンが用意される最新世代は、2023年11月から発売される予定で、我々は、プジョーファンが新しいデザイン要素に加えて、他に何を期待できるかを明らかにする。

新ヘリテージモデル?70年代の特別モデルへのオマージュ「ポルシェ911 ST」は軽量版GT3ツーリング

デザイン ヘッドライトに見られる3本の"爪"は、新型「208」ではほぼエプロン下端まで伸びている。この新しいライトシグネチャーは、新型「プジョー508」などにも採用されている。グリルも構造が変更され、よりスポーティでスマートな印象を与えている。リアのライトシグネチャーも変更されている。

塗装 フランスの自動車メーカーが個性的なデザインを重視していることは、もちろん周知の事実である。そのため、プジョーは新型スモールカーのプレゼンテーションに、人目を引く真新しい「アグエダイエロー」の塗装を採用した。また、「セレニウムグレー」も新色で用意されている。もっと馴染みのある色にこだわりたい人には、「アルテンセシルバー」、「ペルラ ネラ ブラック」、「バンキーズ スノーホワイト」、「エリクサーレッド」、「ヴァーティゴブルー」から選ぶことができる。

ホイール 新型「208」は、すべてのバージョンで、ブラックのエクステリアミラートリムが装備され、「GT」ヴァリアントでは、希望に応じてブラックのルーフも装備される。ホイールに関しては、16インチまたは17インチのアロイホイールから選択可能で、様々なルックスが用意されている。

インテリア 「アリュール」と「GT」バージョンでは、スポーティでフラットなステアリングホイールの上に、10インチのディスプレイを備えた新しいメータークラスターを装備。「208 GT」では、3Dディスプレイが装備される。この技術を好まない人は、アクティブバージョンを選んでアナログ計器にすることもできる。ダッシュボード中央の10インチタッチスクリーンは、すべての装備ラインに標準装備されている。

そして、アナログファンにはもうひとつ朗報がある: タッチスクリーンの下に「トグル スイッチ」が残されているのだ。このボタンを使えば、最も重要な機能をディスプレイなしで操作できる。文字を入力するのが面倒な場合は、「オーケープジョー(Ok Peugeot)」と音声で操作することもできる。

「GT」装備のスポーティさを強調するため、プジョーは新型「208」にアルカンターラ装備(シートカバーとステアリングホイールを含む)を用意している。アンビエント照明も「GT」バージョン専用である。ただし、各バージョンの価格についてはまだ言及できない。

エンジンの選択 新型「プジョー208」のエンジンに関しては、誰もが楽しめるものが用意されている。フランスのプジョーは、この小さなライオンを電気自動車、フルハイブリッド、内燃エンジンとして提供する。e-208(新世代のe-208)は現在、最長362kmの航続距離を誇るが、今後は約400kmに伸びる。出力も100kW(136馬力)から115kW(156馬力)に向上する。

電動モデルに加え、2種類のフルハイブリッドも用意される。それぞれ100馬力と136馬力である。昔ながらの」走り方を好む人は、2種類の内燃機関エンジンのうちの1つを選ぶこともできる。1.2リッター3気筒エンジンで、75馬力または100馬力。前者には5速マニュアルギアボックスが装備され、100馬力のバージョンにはオプションとして6速オートマチックが装備できる。

Text: Kim-Sarah Biehl Photo: Stellantis

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

日産新型「NISMO」初公開! “スゴい4WD”初搭載で走行性能が大幅アップ! 新型「オーラNISMO」従来モデルと何が違う?
日産新型「NISMO」初公開! “スゴい4WD”初搭載で走行性能が大幅アップ! 新型「オーラNISMO」従来モデルと何が違う?
くるまのニュース
スマートがインドネシア市場に再進出、電動SUVを年内に発売へ…GIIAS 2024
スマートがインドネシア市場に再進出、電動SUVを年内に発売へ…GIIAS 2024
レスポンス
【あなたは大丈夫?】 家の「駐車スロープ」は違反? 全国で見られる行為だが…ダメな理由は? 自治体も警告
【あなたは大丈夫?】 家の「駐車スロープ」は違反? 全国で見られる行為だが…ダメな理由は? 自治体も警告
くるまのニュース
日本製鉄、中国・宝山と合弁解消、EV台頭で日本車苦戦、鋼板訴訟も区切り[新聞ウォッチ]
日本製鉄、中国・宝山と合弁解消、EV台頭で日本車苦戦、鋼板訴訟も区切り[新聞ウォッチ]
レスポンス
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
コクピットが見えた! アウディの旗艦SUV『Q7』次期型、ニュルで高速テスト
レスポンス
トヨタの「V8」が終了!? でもMTは継続! 最新型「ランドクルーザー70」搭載の一部エンジンが豪州で終了へ
トヨタの「V8」が終了!? でもMTは継続! 最新型「ランドクルーザー70」搭載の一部エンジンが豪州で終了へ
くるまのニュース
激レア「UFO型信号機」突然の消滅に惜しむ声「一度見たかった」「残念」なぜいま急に? 保存先は? 宮城県警に聞いてみた
激レア「UFO型信号機」突然の消滅に惜しむ声「一度見たかった」「残念」なぜいま急に? 保存先は? 宮城県警に聞いてみた
くるまのニュース
クライマックスを飾る555台の限定車 ドゥカティ「パニガーレV2スーパークアドロ・ファイナル・エディション」発表
クライマックスを飾る555台の限定車 ドゥカティ「パニガーレV2スーパークアドロ・ファイナル・エディション」発表
バイクのニュース
いまや貴重なコンパクトセダン! トヨタ・カローラセダンとは
いまや貴重なコンパクトセダン! トヨタ・カローラセダンとは
WEB CARTOP
【最新モデルガイド】ベストセラーSUV、VW T-Crossがよりポップに便利に進化した!
【最新モデルガイド】ベストセラーSUV、VW T-Crossがよりポップに便利に進化した!
カー・アンド・ドライバー
アウトドア好き垂涎!焚火グッズを詰め込んだアウトドアキットボックス、ルノー・ジャポンから数量限定で登場!
アウトドア好き垂涎!焚火グッズを詰め込んだアウトドアキットボックス、ルノー・ジャポンから数量限定で登場!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダ・WR-V vs ライバル比較《ヤリスクロス/ライズ&ロッキー》
ホンダ・WR-V vs ライバル比較《ヤリスクロス/ライズ&ロッキー》
グーネット
いすゞ、普通免許で運転できる「エルフミオ」のディーゼル車を7/30に発売 最大積載量は1.35t
いすゞ、普通免許で運転できる「エルフミオ」のディーゼル車を7/30に発売 最大積載量は1.35t
日刊自動車新聞
アルピーヌ、F1ベルギーGPで映画『デッドプール&ウルヴァリン』とコラボ。ヒーローモチーフの特別カラーでレースへ
アルピーヌ、F1ベルギーGPで映画『デッドプール&ウルヴァリン』とコラボ。ヒーローモチーフの特別カラーでレースへ
motorsport.com 日本版
【アップデート情報】さらに改良された新型「VWゴルフ GTI」の最新情報を含む全情報をお届け!
【アップデート情報】さらに改良された新型「VWゴルフ GTI」の最新情報を含む全情報をお届け!
AutoBild Japan
ダイハツ「新・2段ベッド軽バン」展示! 軽でも「4人乗・4人就寝」仕様!? 中身はアトレーに思えない約330万円の「AS」とは
ダイハツ「新・2段ベッド軽バン」展示! 軽でも「4人乗・4人就寝」仕様!? 中身はアトレーに思えない約330万円の「AS」とは
くるまのニュース
お値段2500万円! 広々後席の最高峰日本車 トヨタ新型「センチュリーSUV」はどんな人が購入?  販売店に聞いてみた
お値段2500万円! 広々後席の最高峰日本車 トヨタ新型「センチュリーSUV」はどんな人が購入? 販売店に聞いてみた
VAGUE
SUV人気は相変わらずだが中古相場に「下落」が見え始めた! なぜ売れ筋ジャンルなのに再販価値が下がっているのか?
SUV人気は相変わらずだが中古相場に「下落」が見え始めた! なぜ売れ筋ジャンルなのに再販価値が下がっているのか?
WEB CARTOP

みんなのコメント

3件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

302.3372.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0349.0万円

中古車を検索
208の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

302.3372.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0349.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村