サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 宇宙開発技術を応用した多機能性塗料「ガイナ」でトランポハイエース内装施工【断熱効果大!】

ここから本文です

断熱セラミック主成分の水性塗料

宇宙開発の現場から生まれた多機能性塗料「ガイナ」

’72ドゥカティ750改フルレストア【ツインプラグ点火系はASウオタニSPII特注仕様】

日進産業が製造販売する多機能性塗料「ガイナ」。住宅用としてのニーズがもっとも知られているが、そもそもは宇宙開発の現場に対応したものだった。国立研究開発法人の宇宙航空研究開発機構・JAXAは、H2型ロケットの打ち上げに際し、大気圏外へ出る時の摩擦熱から機体や人工衛星を守るロケット先端部を開発しなければならなかったが、その技術開発において断熱性や遮熱性に優れた塗装技術も必要不可欠になった。

おすすめのニュース

サイトトップへ