現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【新車価格情報】輸入車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点

ここから本文です

【新車価格情報】輸入車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点

掲載
【新車価格情報】輸入車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点

[メルセデス・ベンツ]

 メルセデス・ベンツ日本は1月12日、新型Eクラス(W214)のセダンとステーションワゴンを発表。東京オートサロン2024の舞台で披露された。第6世代に移行する新型Eクラスは、パワートレインを ISG、もしくはプラグインハイブリッドにより全モデルで電動化、最新世代のMBUXなどを採用して、新進のラグジュアリーセダン&ステーションワゴンに仕立てられている。価格はセダンが894万円~、ステーションワゴンが928万円~。
 ※E 350 e スポーツ Edition Star (プラグインハイブリッド車)はEV航続距離が112km、に給電機能(V2H/V2L)を標準装備

【新車価格情報】輸入車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年1月20日時点

 メルセデス・ベンツ日本は1月24日、メルセデスAMG独自開発の4ドアスポーツ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」にトップハイパフォーマンスPHEVモデルの「メルセデスAMG GT 63 S E PERFORMANCE」をラインアップし、同日より発売した。パワートレインにはシステム最高出力620kWを発生する4リットルV8ツインターボエンジン+電気モーターとAMG自社開発の高性能リチウムバッテリーを搭載。システム最高出力は620kW(843ps)、システム最大トルクは1400Nm以上を発生。車両価格は3340万円に設定する。

 メルセデス・ベンツ日本は2024年2月15日、第2世代GLC(X254)にハイパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG GLC63 S E PERFORMANCE」をラインアップし、同日より発売。フロントに476psを発生する2LタBMWーボエンジン、リアに150kWを発生するモーターとAMG高性能バッテリーを組み合わせ、システム総出力500kW(680ps)を発揮。車両価格は1780万円。

 メルセデス・ベンツ日本は2024年2月15日、第2世代GLC(X254)にハイパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」をラインアップし、同日より発売した。2L直列4気筒エンジンにはF1由来のエレクトリック・エグゾーストガス・ターボチャージャーを配して自然吸気エンジンのようなレスポンスを実現(最高出力421ps/6750rpm、最大トルク500Nm/5000rpm)。車両価格は1170万円に設定。

[BMW]

 BMWジャパンは2月7日、ミドルクラスワゴンの新型5シリーズ ツーリングを発表し、同日より発売した。車種展開は電気自動車のi5ツーリングと、48Vマイルドハイブリッドシステムを採用したディーゼル仕様の523dツーリングで構成。フロント部はやや前方に突き出たシャークノーズ&ロングボンネットに、垂直方向に拡大したBMW伝統のキドニーグリルを配して、印象的なマスクを創出。価格は890万円から。

 

[ポルシェ]

 ポルシェ ジャパンは2月7日、タイカンおよび、タイカン クロスツーリスモを商品改良し、同日より予約受注を開始した。充電性能の引き上げや航続距離の延長、加速性能の向上、内外装の一部変更、機能装備のアップグレードなど、幅広い領域での改良を実施している。価格は1370万円~2746万円。

 

[ランドローバー]

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは1月25日、レンジローバー・ヴェラールの2025年モデルを発表した。すべてのグレードにウォークアウェイロッキング&アプローチアンロックシステムを採用。パワートレインに関して基本的に従来を踏襲しているが、機能装備の拡充を図って利便性をいっそう高めている。価格は949万円より。

 
[アストンマーティン]

 アストンマーティンは2024年2月12日(現地時間)、同ブランドの主力スポーツカーであるヴァンテージ(Vantage)の改良モデルを発表。翌2月13日には、アストンマーティン ジャパンが改良型ヴァンテージを日本で初披露した。4リットルV8ツインターボエンジンは最高出力665ps/最大トルク800Nmへとアップ。シャシーの強化やボディの拡幅、先進機能装備のアップデートなども実施。日本での車両価格は2690万円。

 

[ケータハム]

 エスシーアイ株式会社およびケータハムカーズ・ジャパンは1月12日、ケータハム・セブン270の後継モデルとなる「セブン340(SEVEN 340)」を日本で発売した。パワーユニットは新たにフォード製「デュラテック(Duratec)」2.0Lエンジンの1999cc直列4気筒DOHC16Vユニットを搭載。最高出力は172ps/7250rpm、最大トルクは174Nm(17.7kg・m)/6500rpmを発生。価格は1039万5000円より。なお、スズキ製660ccエンジンを搭載した「セヴン170」の価格も改定されている。

[GM]

 ゼネラルモーターズ・ジャパンは1月22日、高級3列シートSUVのキャデラック・エスカレードの2024年モデルを発売した。8名乗りの新グレード「プレミアム」を追加設定。専用デザインのフロントグリルおよびホイールやインテリアトリム、シート表皮なども採用。車両価格はエスカレード・シリーズで最もリーズナブルな1640万円に設定されている。

 

[ジャガー]

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは1月23日、ジャガー・ブランドのパフォーマンスSUV「F-PACE」の2025年モデルを発表し、同日より受注を開始した。ハイパフォーマンスグレード「SVR」の最高出力を550psから575psにアップするとともに装備面を拡充し、新グレード「SVR 575 EDITION」として設定。
シリーズの価格は917万円~。

 

[アルピーヌ]

 アルピーヌ・ジャポンは2月15日、アルピーヌA110/A110 GT/A110 Sの仕様変更および車両価格の改定を実施し、同日より受注を開始した。主な変更は標準装備の一部仕様変更、新オプションの設定、「アトリエアルピーヌ」での新ボディカラーの追加など。価格は990万円より。

■特別仕様車/限定車の詳細については本誌ワールドオートモーティブニュースをご確認ください。
※最新の新車価格表の全データは本誌『CAR and DRIVER』(2024年4月号)に掲載されています。

こんな記事も読まれています

400馬力! スバルの美しすぎる「スポーツクーペ」が凄い! パワフルな「ツインターボ×四輪駆動」搭載! ガバっと開く「斬新ドア」採用した「B11S」とは
400馬力! スバルの美しすぎる「スポーツクーペ」が凄い! パワフルな「ツインターボ×四輪駆動」搭載! ガバっと開く「斬新ドア」採用した「B11S」とは
くるまのニュース
ヨス・フェルスタッペンがオーストリアGPでレッドブルRB8をデモランへ。息子マックスとの”共演”が実現?
ヨス・フェルスタッペンがオーストリアGPでレッドブルRB8をデモランへ。息子マックスとの”共演”が実現?
motorsport.com 日本版
大学への通学2時間でドラテク磨き!「若者のクルマ離れ」がウソのような「軽自動車レース」に青春を捧げた20代男子の英才教育とは
大学への通学2時間でドラテク磨き!「若者のクルマ離れ」がウソのような「軽自動車レース」に青春を捧げた20代男子の英才教育とは
Auto Messe Web
日産ローレルHT2000SGX(昭和47/1972年4月発売・KHC130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト069】
日産ローレルHT2000SGX(昭和47/1972年4月発売・KHC130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト069】
Webモーターマガジン
トヨタ『カローラFX』が米国で登場…現代的でスポーティ
トヨタ『カローラFX』が米国で登場…現代的でスポーティ
レスポンス
日産はレクサスLMよりずっと早く「超VIPミニバン」を作っていた! 「エルグランド・ロイヤルライン」の中身がスゴイぞ!!
日産はレクサスLMよりずっと早く「超VIPミニバン」を作っていた! 「エルグランド・ロイヤルライン」の中身がスゴイぞ!!
WEB CARTOP
サリーン、水素エンジン車でのル・マン復帰を計画中。数年以内にロードカーを生産へ
サリーン、水素エンジン車でのル・マン復帰を計画中。数年以内にロードカーを生産へ
AUTOSPORT web
トヨタがガチで作ったら……想像すると欲しい気がする! なぜトヨタはバカ売れジャンルの「軽自動車」を作らないのか?
トヨタがガチで作ったら……想像すると欲しい気がする! なぜトヨタはバカ売れジャンルの「軽自動車」を作らないのか?
WEB CARTOP
トヨタ「“丸目”商用バン」実車公開! めちゃ「四角い」懐かし系「車中泊」モデル! オシャ内装も魅力的な「Fillmore」がカッコイイ
トヨタ「“丸目”商用バン」実車公開! めちゃ「四角い」懐かし系「車中泊」モデル! オシャ内装も魅力的な「Fillmore」がカッコイイ
くるまのニュース
市販カーナビ最大!アルパイン「11型大画面カーナビ」にトヨタ・ハイエース専用モデルが登場
市販カーナビ最大!アルパイン「11型大画面カーナビ」にトヨタ・ハイエース専用モデルが登場
VAGUE
「台湾の巨匠」ホウ・シャオシェン最後のプロデュース作品『オールド・フォックス 11歳の選択』
「台湾の巨匠」ホウ・シャオシェン最後のプロデュース作品『オールド・フォックス 11歳の選択』
バイクのニュース
フィアット『Nuova 500』モチーフのティッシュケースが登場
フィアット『Nuova 500』モチーフのティッシュケースが登場
レスポンス
まさか!? 4時間セーフティカー&またSCでレースは振り出しに……2号車キャデラックが暫定トップ|ル・マン24時間:18時間経過
まさか!? 4時間セーフティカー&またSCでレースは振り出しに……2号車キャデラックが暫定トップ|ル・マン24時間:18時間経過
motorsport.com 日本版
日産「新型・車中泊“専用”バン」がスゴい! 超オシャレ「上質インテリア」採用! クルマとは思えない斬新「部屋仕様」に大反響
日産「新型・車中泊“専用”バン」がスゴい! 超オシャレ「上質インテリア」採用! クルマとは思えない斬新「部屋仕様」に大反響
くるまのニュース
アウトドアカーはシンプルがいいね! 大容量&車中泊に特化したトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
アウトドアカーはシンプルがいいね! 大容量&車中泊に特化したトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズが発売!鈴鹿8耐で身につければ、気合いと楽しさは倍増だ!  
「ヨシムラ SERT Motul」チームの応援グッズが発売!鈴鹿8耐で身につければ、気合いと楽しさは倍増だ!  
モーサイ
今年も猛暑! クルマの熱中症対策グッズは「6月」までに準備すべき理由 昨年は9万人以上が救急搬送されている
今年も猛暑! クルマの熱中症対策グッズは「6月」までに準備すべき理由 昨年は9万人以上が救急搬送されている
Merkmal
【特別試乗企画 メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン×BMW 5シリーズツーリング 前編】きっとあなたも好きになる・・・イケメンワゴンが誘う理想の世界
【特別試乗企画 メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン×BMW 5シリーズツーリング 前編】きっとあなたも好きになる・・・イケメンワゴンが誘う理想の世界
Webモーターマガジン

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村