サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1で3年目を迎えるラティフィ、新規則導入の2022年に大事なのは「柔軟性と適応力」

ここから本文です

 2021年にF1デビュー2シーズン目を過ごしたニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)は、着実な成長を見せ、特に予選ではチームメイトであったジョージ・ラッセルに近付く速さを見せた。

 決勝でも、ハンガリーGPでは7位に入ってF1初ポイントを獲得。ベルギーGPでも9位に入った。そして2022年もウイリアムズのシートを保持し、元レッドブルのアレクサンダー・アルボンとコンビを組む予定だ。

【F1特集】来る”F1新時代”、2022年シーズンに向けて知っておきたい6つのこと

「(2021年に)学んだ最大の教訓は、状況やマシンの取扱い方について、柔軟に適応できることがいかに重要かということだ」

 ラティフィはそう語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ