サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミシュラン、MotoGP最高峰クラスのタイヤサプライヤーを2026年まで契約延長

ここから本文です

 9月15日、ロードレース世界選手権MotoGPを統括するドルナスポーツは、フランスのタイヤメーカーであるミシュランと契約を延長して、最高峰のMotoGPクラスに2024年から2026年まで継続してタイヤを供給すると発表した。

 ミシュランは、ブリヂストンに代わり、2016年シーズンからワンメイクのタイヤサプライヤーとしてMotoGPクラスに参入している。この年にはタイヤのサイズも16.5インチから17インチへと変更となった。

ミシュランが電動バイクレース『Moto-e』の公式タイヤサプライヤーに決定

 また、2017年には、2019年から2023年までタイヤの供給に関して5年間の契約延長に合意。

おすすめのニュース

サイトトップへ