サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2020年10月の自動車輸出、2.2%増で13カ月ぶりのプラス 米国向けが好調 日本自動車工業会

ここから本文です
 日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)が30日に発表した10月の自動車輸出台数は、前年同月比2.2%増の41万3862台となり、13カ月ぶりに前年実績を上回った。最大の仕向け地である米国が同25.8%増の16万8067台と全体をけん引した。

 米国を中心とする北米地域のほか、大洋州も好調で豪州は同61.6%増の4万1737台と大きく伸びた。豪州国内の需要回復が輸出の増加につながった。アジアは台湾やマレーシア、フィリピン、シンガポール向けなどが減少した影響で同6.8%減だったが、うち中国は同29.2%増の2万9117台と好調を維持した。

おすすめのニュース

サイトトップへ