サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 荒尾創大と野村勇斗がSRS-Fスカラシップを獲得。「どれだけチャンスを掴んでいくか。それを見せてくれた」と琢磨プリンシパル

ここから本文です

 11月24、25日の2日間快晴の鈴鹿サーキットにおいてSRS-Fのスカラシップ選考会が開催された。

 2021年度SRS-Fを受講した生徒たちが次のステップアップを目指して、最後のアピールをすべく6名がこの選考会に臨んだ。

佐藤琢磨主宰のキッズカートが2年ぶりに開催「2022年に向けて良いニュースが届けられる準備をしている」と琢磨

 これを佐藤琢磨プリンシパル、中野信治バイスプリンシパルと共に、加藤寛規、野尻智紀、大津弘樹、笹原右京らの講師も生徒の走りを見届けながらアドバイスを送っていた。


 選考最終日となった2日目は、フリー走行を30分行った後に、予選を想定した20分の計測走行を2回行い第1ヒート、第2ヒートのレースのグリッドを決定。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ