サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱電機、福山製作所の低圧遮断機でも不適切行為が発覚 2005年頃から

ここから本文です

三菱電機、福山製作所の低圧遮断機でも不適切行為が発覚 2005年頃から

三菱電機、福山製作所の低圧遮断機でも不適切行為が発覚 2005年頃から

 三菱電機は、福山製作所(広島県福山市)で製造する機械装置向け低圧遮断機の一部で製品検査に不適切行為があったと発表した。米国第三者機関による工場定期検査で用いるサンプルに、量産品とは異なる部品を使用するなどの不適切行為を行っていた。不適切行為は、2005年頃から行われていたという。

 同社は7月に鉄道車両用空調装置などの検査不正問題が発覚し、調査委員会を設置していた。今回の件も同委員会が引き継いで調査し、調査結果をまとめ次第、原因や再発防止策などを合わせて発表する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します