サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > IMSA第4戦:モントーヤ組アキュラDPi、マツダとの一騎打ち制し地元ミド・オハイオで今季初勝利

ここから本文です
 5月5日、アメリカ・オハイオ州のミド・オハイオ・スポーツカーコースでIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第4戦ミド・オハイオが行われ、アキュラ・チーム・ペンスキーの6号車アキュラARX-05(ファン・パブロ・モントーヤ/デーン・キャメロン組)が2時間40分の決勝レースを制した。

 2018年シーズンからIMSAシリーズのカレンダーに加わったミド・オハイオは、最高峰カテゴリーであるDPiクラスと、FIA-GT3カーで争われるGTデイトナ(GTD)クラスに参戦するアキュラのホームコースだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ