サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 15台が参加したスーパーGT GT500クラス鈴鹿メーカーテスト。新色に彩られた車両も登場

ここから本文です
 3月3日より2日間にわたり、鈴鹿サーキットでスーパーGT GT500クラスに参戦する3メーカーの計15台の車両が参加するホンダ主催のメーカーテストが行われた。ホンダNSX-GT勢はHRD開発車両の99号車を含む6台が参加し、トヨタGRスープラ勢もシリーズを戦う6台が揃って登場。また、ニッサンZ GT500はニスモ開発車両の230号車を含む3台が参加した。

 2月6日に開催された『ホンダレーシングサンクスデー2021-2022』で『NSXタイプS』仕様の新ボディをお披露目したホンダ。今回のテストでは開発車両の99号車を含む6台のNSX-GTが集結した。

おすすめのニュース

サイトトップへ