サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「打倒ZC33S!」お手軽ボルトオンターボで170馬力を発生させる2代目スイスポが熱すぎる!

ここから本文です

「打倒ZC33S!」お手軽ボルトオンターボで170馬力を発生させる2代目スイスポが熱すぎる!

戦闘力は現行モデル以上か!? この速さは刺激的すぎる!

完全ボルトオンでZC31Sを覚醒させるターボシステム!

「打倒ZC33S!」お手軽ボルトオンターボで170馬力を発生させる2代目スイスポが熱すぎる!

HKS九州サービスが製作したZC31Sターボ仕様は、これまでのHKS九州サービスのセオリーに則った完全ボルトオンタイプのターボシステムを軸に構築されている。「ノーマルは…遅い!」と嘆いていたHKS九州サービスの竜円代表だが、数100キロにおよぶ走行テストの末に仕上がったターボ仕様を前に、かなりゴキゲンな様子だ。

エンジンはオリジナルのEXマニを介してT25Gタービンをセット。さらに、サクション抵抗やノッキング対策に万全を期すためインタークーラーを前置きで装着する。

なお、ZC31SのM16Aエンジンは最近のクルマとしては珍しく前方排気のために作業効率は良好。ちなみに、組み込んだターボシステムはキット化(要問い合わせ)されている。構成はT25Gタービン、ステンEXマニ、フロントパイプ、インタークーラー、コンピュータ、エアクリーナーなどだ。

燃調はF-CON iSで補正を行い、純正インジェクターをほぼ全噴射。注目のパワーは、シャシダイ実測でブースト0.4キロ時に170psを発生。しかも、これは市街地での渋滞から高速走行まで、日常ユースに対応するための十分な安全マージンを取った上での数値で、テスト段階ではブースト0.45キロで180psオーバーというデータも確認済みだ。

エキゾーストマフラーは、メインパイプ径50φ(ステンレス)、テール径90φ(チタン)のHKS九州オリジナルを装備する。

ターボによるパワー増強に合わせてボディ剛性もアップ。ノーマルでも割とボディ剛性が高い2代目スイフトスポーツだが、カンサイサービスの補強バーなどでさらに強化。特にリヤのストラットタワーバーやアームバーの効果はテキメンとのことだ。

サスペンションはHKSハイパーマックスSコンパクトをベースとしたオリジナル品。NAから大幅なパワーアップを実現してるため、それに合わせて減衰力特性などの見直しが図られている。

その仕上がりは完全にZC33SのK14Cターボエンジンを凌駕しており、とにかくフレキシブル&パワフル。ノーマルではシャシーのキャパシティが完全にエンジンパワーに勝っていたが、ターボ化によりエンジンとシャシー両者の持ち味が十分に引き出され、スポーツの名に相応しい活発な走りを楽しむことができる。しかも、これだけのパフォーマンスを見せながら、燃費はリッター10km+αというレベルをキープしている点も見逃せない。

ハッキリ言ってエンジンがノーマルのままでは、クーリングジェット付き鍛造ピストンやアルミインマニ、5穴の16インチホイール&15インチブレーキなどの専用装備は宝の持ち腐れ。このことは50ps近い性能アップを行なっているにも関わらず、パワートレイン強化の必要性が感じられなかった、という結果が実証している。言い方を変えれば、それだけZC31Sのチューニングベースとしての潜在能力が高いということだ。これほどの逸材を放っておく手はない!

●取材協力:HKS九州サービス 福岡県北九州市小倉南区蜷田若園3-12-15 TEL:093-931-6910

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します