サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「無いとは言えない」WSBK王者ジョナサン・レイ、ペトロナスSRT加入&MotoGP転向否定せず

ここから本文です
 MotoGPに参戦するマーベリック・ビニャーレスが、2021年限りでヤマハとの契約を打ち切ることを決定したため、ヤマハ陣営は来シーズンのラインアップを再考しなければならない状況にある。

 ビニャーレスの後任としてヤマハのファクトリーチームのライダーを務める可能性が最も高いと見られているのは、サテライトチームであるペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリだ。しかし、その場合でも問題は残る。なぜなら今季モルビデリのチームメイトを務めるバレンティーノ・ロッシは、今季限りで引退するか、もしくは自身のチームであるVR46での現役を続行することになると見られているからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン