サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズF1のジョージ・ラッセル、2戦連続のQ3進出の大金星。進歩の鍵は“遅い予選”のコンディション変化?|F1イギリスGP

ここから本文です

 シルバーストン・サーキットで行なわれているF1第10戦イギリスGPで、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)は前戦オーストリアGPから2戦連続での予選Q3進出を果たした。彼はこの進歩については外的要因もうまく作用した結果だと考えている。

 今回のイギリスGPは、スプリント予選レースのグリッドを決める目的で、グランプリ初日にノックアウト方式による予選が行なわれた。

■ピエール・ガスリー、イギリスGPの予選は”期待外れ”の厳しい結果に「FP1からバランスに苦労した」

 ラッセルはQ1を突破し、さらにQ2では単独でのアタックでセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)やカルロス・サインツJr.(フェラーリ)を上回る7番手タイムをマーク。

おすすめのニュース

サイトトップへ