サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 大人気、GMCハマーEVの先行予約ヒートアップ。開始後2日で予定数に到達

ここから本文です

大人気、GMCハマーEVの先行予約ヒートアップ。開始後2日で予定数に到達

 大きな期待を集めていたGMCハマーEVがついに発売されることになった。最初にリリースされる時期は2023年初頭で、10万5595ドルのSUVエディション1と、11万595ドルの価格を付けたSUVエディション1エクストリームオフロードパッケージだ。この2グレードは4月初頭に予約を開始したが、2日間で予定数(台数未公表)がいっぱいになった。

 2023年春にSUV・EV2×(8万9995ドル)とSUV・ EV3×(9万9995ドル)がラインアップに加わり、SUV・EV2(7万9995ドル)は2024年春に発売予定だ。新型ハマー EVはSUVタイプとともにピックアップトラックもラインアップ、加熱するEVピックアップトラック市場にも参入する。

テスラ・イーターはどこか。群雄割拠、米国EVスタートアップの最新情報

 SUVのボディサイズは全長×全幅5000×2196mm、ピックアップは同5507×2201mmだ。

 ハマーEVの特徴は、ルーフパネルが取り外せ、オープンカーのように風を感じながら走行が可能な点と、街乗りを意識した点だ。取り外したルーフパネルは、ボンネット下のラゲッジルームに収納できる。

 もちろんオフロード走行性能に優れ、SUVにはクラブウォーク、エクストラクトモードを設定。

 クラブウォークはまさにカニのように、前後のホイールを最大10度まで操舵できるシステム。タフなトレイル走破に便利だし、斜めに走行することも可能だ。エクストラクトモードは最低地上高を約15cm高くでき、悪路走行や渡河走行にも対応する。

 パワーは絶大だ。ピックアップは最大で1000ps、SUVでも830ps。0~96km加速をピックアップは 3秒、SUVは3.5秒で達成と、まさにモンスタートラックの呼び名にふさわしい。

 航続走行距離は1回の充電でピックアップが560km、SUVが480km以上。急速充電ステーションで10分間充電すると160km走行が可能になる、という。

 センターコンソールには13.4インチのタッチパネルスクリーンを設置、ドライバーズシートの前にも12.3インチのインフォメーションスクリーンが用意されている。

 かつてのハマーのガソリンバージョンと同様に、センターコンソールが大きい分、運転席と助手席のサイズが車体のわりには小さい、という面はある。

 ハマーEVピックアップの価格は未公表だが、SUVの価格を考えると、テスラ・サイバートラック(3万3900~6万9900ドル)やリビアンのR1T(6万7650~7万5000ドル)というEVピックアップの上級モデル比で、2万ドル程度高くなるかもしれない。

 しかしハマーというブランド力、洗練されたデザインなどはファンに十分にアピールするだろう。米国では、伝統的に乗用車よりもピックアップトラックの人気が高い。それを当て込んでさまざまなメーカーが EVピックアップの開発に乗り出しているが、話題性/商品性という点ではハマーが一歩リードした形ではないだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します