サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】クアルタラロの戴冠阻むべく……バニャイヤ「全力で挑まなければ。まだチャンスは有る」

ここから本文です
 MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPでは、ヤマハのファビオ・クアルタラロが総合優勝を決定する可能性がある。ランキング2番手のフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)はタイトル獲得の望みをつなげるべく全力で挑むと語った。

 第15戦アメリカズGPが終了した時点での、クアルタラロとバニャイヤのポイント差は52点。エミリア・ロマーニャGP後にその点差が49点以下に縮まらなければ、その時点でクアルタラロのチャンピオンシップ総合優勝が確定する。バニャイヤがクアルタラロより上位で今回のレースを終えるのは逆転タイトル獲得に向けて絶対条件なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ