サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型GR86&BRZがついにお披露目! エンジンパワーからデザインまで詳細リポート

ここから本文です

新型GR86&BRZがついにお披露目! エンジンパワーからデザインまで詳細リポート

 0-100km/h加速を1秒以上短縮!

 トヨタとスバルの共同開発によって2012年に誕生したFRスポーツ、86&BRZ。登場するや否や、両車ともに月販目標を大きく上まわる受注を記録した。販売の面のみならず、手頃な価格設定によりスポーツモデルに興味を持つ若者が増えたり、他社が追随してスポーツモデルをリリースするなど、自動車業界に多大な影響を与えたモデルである。

新型BRZの発表で中古車相場に異変! 初代86&BRZの価格が「上昇」の兆し

 それから9年の月日が流れ、ついに本日2021年4月5日(月)、トヨタとスバルは二代目となる新型GR86&BRZを発表。なおGR86は2021年秋頃、BRZは2021年夏頃の発売を予定しているという。では現状明らかとなっている点を見ていこう。

 GR86&BRZの走り

■動力性能

 最大の注目点は、初代の2リッターから排気量を拡大し、新型2.4リッター水平対向4気筒NAエンジンを搭載したことであろう。最高出力235馬力、最大トルク250N・mを発揮し、0-100km加速は初代の7.4秒から6.3秒に縮めたというから驚きだ。また、吸排気性能の強化とフリクション低減によって、15%もトルクを向上したことで、すでにこのクルマに乗った関係者によると、初代で課題とされていた3500-4000回転前後でのトルクの落ち込みが解消され、伸びのあるフィーリングが味わえるようになったとのこと。

 またAT車では、SPORTモードの制御が進化。クルマがスポーツ走行中と判断した際には、ドライバーの意思や操作に応じて最適なシフト操作を自動で行い、よりダイレクト感のあるコーナリングを可能とした。

■ハンドリング性能

 インナーフレーム構造や構造用の採用などにより、初代に対してフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%向上。ステアリング操作への応答性を高め、より軽快な動きを実現するとともに、旋回時のトラクション性能を向上させている。

 また初代のボンネットフードに加えて、ルーフとフロントフェンダーの素材にアルミを採用することで、エンジン出力や安全性の向上による重量増を抑制すると同時に、前後左右の重量の最適化やさらなる低重心化を実現し、運動性能を高めた。

 18インチアルミホイール装着車には、ミシュランパイロットスポーツ4(215/40R18)が装着されることも明かされている。初代の17インチモデルが装着していたミシュラン・プライマシーに比べて運動性能が高く、快適性を両立した、非常に評価の高い銘柄を選択したことからも走りの性能アップがうかがい知れる。

 気になるGR86とBRZの走りの違いだが、いまわかっている情報は、シャーシ、エンジン、パワーステアリング制御をそれぞれ専用セッティングとしていることだ。

 またフロントのエアインテーク部分に使われる樹脂パーツをよく見ると、模様が入っているのだが、ここにある非常に細いスリットは空力に効くのだという。そのスリットがGR86が水平に入れられているのに対して、BRZは後方が上がるように20度傾けられている。

 この違いは、GR86が直進安定性を高めているのに対して、BRZはフロントの初期応答性を向上させているそうだ。だからといって、そのままBRZがシャープなハンドリングでGR86がマイルドかといえばそういうことではなく、GR86はメカニカルな部分で初期応答性を向上させるなど、アプローチが違うとのことだ。

 ATモデルには「アイサイト」を採用

 GR86&BRZのデザイン

 ひと目見ただけで高い走行性能を予感させる、スポーツカーらしいデザインとなっている。サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方のエアアウトレットなど、デザインのアクセントとなるだけでなく、スポーツカーとしての性能を最大限に引き出す空力アイテムを多数採用した。

 エクステリアの面でいうと、両車の違いはまずバンパーとグリルの形状だ。GR 86はメッシュの形状で「G」を表現したGRブランド専用の「FUNCTUON MATRIXGRILL」、BRZはスバル車ならではの「ヘキサゴングリル」を採用。それぞれデザインは一新されたものの、下辺より上辺の方が長いGR86に対してBRZが上辺より下辺の方が長い逆台形となっている点は、初代を踏襲している。

 またフロントライトガーニッシュがGR86は下からサイドまでであるのに対し、BRZはコの字型だ。コの字型ライトはスバル各車に採用されており、スバルのアイデンティティである水平対向エンジンを表現している。

 またサイドミラーが、GR86はグロスブラックを採用するのに対して、BRZはボディと同色になる。

 インテリアに目を向けると、水平基調のインストゥルメントパネルや低く設置したメーターバイザーにより、広い視界を確保。また7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用している。

 また、今回こだわったというのが、ドアの内側のグリップ部分の形状。前後に長いグリップを採用することで、ドアの後端寄りを握ることが可能となっており、微調整がしやすいため、ドアの長いクーペの悩みでもある開閉時のドアパンチの防止が可能だ。また、助手席の同乗者が、運転者の視界を妨げないような後ろに下げたシート位置をとっても、グリップを握ることができ、激しい走りでもしっかり身体を支えることができるようになった。

 なおドアトリムやフロアカーペット、インナードアハンドル、ステッチの色などが各車で差別化されている。

 GR86&BRZの安全性能

 スバルの運転支援システム「アイサイト」を両モデルのAT車に標準装備。プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールなどが安全で快適なドライブを実現する(GR86に採用される運転支援システムの名称は未定)。

 また高張力鉄板の採用部分の拡大や、各種エアバックなどの乗員保護システム強化により、衝突安全性の向上も図られた。

 デザインはもちろん、走りも差別化されているという新型GR86&BRZ。その風貌や関係者の話から、かなりの力作であることがわかる。試乗が可能となるのは夏ごろとの噂も聞こえている。WEB CARTOPでは情報が入り次第続報をお届けする予定なので、スポーツカー好きにはぜひ引き続き注目してほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します