サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 4億3000万円から! 最高速度490キロのブガッティ「シロン・スーパースポーツ」が30台限定で発売決定

ここから本文です

4億3000万円から! 最高速度490キロのブガッティ「シロン・スーパースポーツ」が30台限定で発売決定

■時速490キロを超えたシロン・スポーツが市販化される

 フランスのモルスハイムに本社を置くブガッティ社にとって、「スーパースポーツ」は特別なサブネームだ。1931年のパリ・サロンにおいては、2.3リッターの直列8気筒スーパーチャージャーエンジンから160psの最高出力を発揮する「タイプ55スーパースポーツ」を発表。ジャン・ブガッティによってさまざまなボディタイプが、トータルで38台製作されている。

トヨタが1000馬力、価格も1億円級のモンスターマシンを市販化へ

 そのスーパースポーツの名が再びブガッティ車に与えられたのは、1990年代に入ってからのことだ。イタリアで再興されたブガッティから「EB110スーパースポーツ」が設定された。リアミッドに搭載された3.5リッターV型12気筒+4ターボエンジンは610ps以上を発揮し、351km/hの最高速を含む様々な記録を樹立した。

 それからさらに20年という時間を経て、VW傘下で再びモールスハイムに戻った第3期ともいえるブガッティが、2010年に431.2km/hという最高速記録を達成したのが3世代目のスーパースポーツ「ヴェイロン16.4スーパースポーツ」だった。

 ヴェイロン16.4スーパースポーツには、NACAダクトやエンジンカバー、スーパースポーツに専用の水平カラースプリットなど独自のアピアランスが与えられていた。

 その後2019年夏には、「シロン・スーパースポーツ300+4」で、ブガッティはまさに記録破りともいえる300mphという数字を超え、304.773mph(490.484km/h)の最高速を記録したのだった。

 そしてこのシロン・スーパースポーツを30台の限定車として2022年の初頭からデリバリーを開始することを、ブガッティは現地時間の2021年6月8日午前10時に発表。注目の価格は320万ユーロ(邦貨換算約4億3000万円)と明らかにされた。

 一見ノーマルのシロンと共通のボディを使用しているかのようにも見えるスーパースポーツだが、ブガッティ社のCEOステファン・ヴォンケルマン氏は、次のようにコメントしている。

「シロン・スーパースポーツは最高速と同時に絶対的な贅沢を組み合わせるという、ブガッティの長年の伝統に従ったモデルです。シロン・スーパースポーツでは、より優れたパフォーマンスとともに、快適性とエレガンスの向上を表しています。この新しい作品により我々はシロン・ファミリーの中に別の明確な個性を確立しました。それは私たちがここ数年で学び、開発したものの本質であり、究極のグランドツアラーなのです」

 それではさっそく、シロン・スーパースポーツの概要を紹介していくことにしよう。

■大陸間高速グランドツアラーのゴージャスな仕上げとは

 確かに最高速で500km/hに迫ろうかというシロン・スーパースポーツのボディは、あらゆる部分で改良が加えられている。リアにはエンジンカバーが設けられ、8リッターW型16気筒+4ターボエンジンの存在は外部からはそれを見ることは不可能になった。

 ルーフからテールに向って伸びるセンターフィンは、このスーパースポーツの大きな特徴で、テールは約25センチ拡大されている。ディフューザーの後縁もより高く押し出され、それによって後部の面積は44%減少した。テールパイプのレイアウトも、このスーパースポーツでは改められている。

 フロントフェンダーに穿たれた9つの円形のエアベントは、もちろんEB110スーパースポーツを象徴するものだ。当然それらはフロントフェンダー内のエアを逃がし、フロントアクスルでダウンフォースを発生させることにも貢献する。同様にフロントホイールアーチの後方にはエアアウトレットがあり、それらもまた空力的負荷のバランスを取るのに大きな効果があるという。

 Yスポークデザインの新デザイン・アルミニウムホイールは、スーパースポーツのみの専用装備となる。さらにカスタマーは、ダイヤモンドカットやマグネシウムホイールのオプションを選択することも可能だという。

 インテリアは、まさに時代を超越したエレガンスと比類のない快適さの組み合わせ。もちろんその仕様はカスタマーの好みでどのようにでもアレンジすることができる。今回発表されたものは、レザーやアルミニウムなどの自然の要素とハイテクな炭素繊維を組み合わせた、まさに大陸の長距離高速旅行にピッタリなフィニッシュだ。

 リアミッドのエンジンは、さらにターボチャージャー、オイル・ポンプ、バルブトレイン付きのシリンダーヘッド、トランスミッションとクラッチを見直すことで、最高出力をさらに100ps向上。結果的に1600psの最高出力と1600Nmの最大トルクが発揮されることになった。

 組み合わされる7速トランスミッションは、全負荷時には6速から7速ギアに403km/hでシフト。0-400km/h加速は、標準のシロンより7%速いタイムとのことだ。

 電子制御のシャシも、このパワーユニットの強化に対応してそのセッティングが見直されている。ドライブモードは「EB」、「ハンドリング」、「アウトバーン」、「トップスピード」の4種類。

 タイヤは新開発のミシュラン製パイロット・スポーツ・カップ2が、最高速度500km/hで安定して走行できるタイヤとしてチョイスされている。

 わずか30台のみが生産されるシロン・スポーツ。それはブガッティが新たな道へと進むための、シロン世代の最終モデルとなるのだろうか。すでにそのプランは、ステファン・ヴィンケルマンCEO率いるブガッティ社では、着々と進んでいるはずである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します