サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”鳥肌モノ”の経験……シャルル・ルクレール、モンツァ優勝を思い出す「フェラーリの一員だと実感できた」

ここから本文です

 F1デビュー2シーズン目ながら、2019年にフェラーリのドライバーを務めたシャルル・ルクレール。チームの先輩ドライバーであるセバスチャン・ベッテルを脅かす活躍を披露し、ランキング4位となった。

 彼が初勝利を手にしたのは、夏休み明け初戦のベルギーGPだった。そして続くイタリアGPでも勝ち、連勝を果たした。

■新生アルファ・タウリ、レッドブルとの相乗効果をさらに加速へ

 イタリアといえば、所属チームであるフェラーリの母国。若き跳ね馬のヒーローの活躍には、サーキットに詰め掛けた大勢のフェラーリファン=ティフォシが狂喜乱舞した。

おすすめのニュース

サイトトップへ