サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 払った自覚なし?「自賠責保険」 16%減額のいま知りたい強制・任意保険の現実

ここから本文です

払った自覚なし?「自賠責保険」 16%減額のいま知りたい強制・任意保険の現実

■いつ払ったっけ? 自賠責保険とはどんなものなのか

 2020年1月15日に、自賠責保険の保険料引き下げに向けた議論が始められることが、マスメディアなどで報じられました。引き下げが決まると2017年以来3年ぶりとなります。

ガソリンなんて気にしない! 国産車燃費激悪ランキングワースト3!

 自賠責保険は、原付や250cc以下のバイクの場合は個別に支払うことができます。しかしクルマの場合は車検時にほかの費用と一緒に支払うため、どのようなものなのか分かりにくいです。はたして、自賠責保険とはそもそもどのようなものなのでしょうか。

 現在引き下げが検討されている自賠責保険(正式名称:自動車損害賠償責任保険)は、クルマやバイクを所有する人に加入が義務付けられている保険です。

 各種報道によると、自賠責保険の保険料の引き下げが適応されるのは2020年4月の契約分からで、引き下げの割合は16%前後になるということです。

 2020年1月現在、自賠責保険の保険料は、普通車(自家用乗用自動車)では2万5830円で、軽自動車では2万5070円です(2年契約の場合)。

 16%引き下げられた場合、乗用車は2年間で4000円ほど安くなる計算となります。

※ ※ ※

 一般的に、「自動車保険」というと、テレビCMなどで各保険会社が宣伝する保険商品をイメージする人も多いと思いますが、じつは自賠責保険は、この「自動車保険」とは立ち位置が違います。

 自賠責保険は、前述の通りクルマなどの所有者に加入が義務付けられていて、「強制保険」とも呼ばれているものです。

 クルマや251cc以上のバイクなど、車検が必要な車両の場合は、車検と同時に支払います。そのため、クルマの所有者の場合は保険料を払っている自覚がない人もいるかもしれません。

 車検のタイミングで支払うのは、自賠責保険が切れている場合、車検を通すことはできなくなることからです。一般的には、車検切れのクルマは自賠責保険も切れている状態といえるでしょう。

 賠償の範囲は対人のみで傷害で120万円、死亡で被害者1名につき3000万円、後遺障害時に被害者1名につき4000万円と定められています。

 一方、CMで目にする自動車保険は、「任意保険」と呼ばれるものです。

 加入は義務付けられていませんが、補償範囲が限られている自賠責保険を補うものとして、より手厚い補償を受けられることが特徴として挙げられます。補償範囲も自分で決められるほか、車両への補償もつけることが可能です。

 自賠責保険の補償範囲では事故の際に対応しきれないことも多く、公道を走るドライバーのモラルとして任意保険に加入することは不可欠といえるでしょう。

 また、もし任意保険に加入していないと、事故対応を自分でおこなうことになります。自動車保険(任意保険)会社で事故対応を経験した担当者は、次のように話します。

「任意保険未加入のリスクのひとつに、すべての事故対応を自分自身でおこなわなければならないことが挙げられます。

 事故相手が任意保険に加入している場合、素人である未加入者がやりとりする相手は『事故対応のプロ』である保険会社のスタッフとなります」

■自賠責保険だけじゃダメ! 任意保険未加入で何が起きるのか

 前述の通り、万が一の事故に備えるためには自賠責保険だけでなく任意保険への加入が必要となりますが、実際にはすべてのクルマが任意保険へ加入している訳ではありません。

 損害保険料率算出機構による2019年4月時点のデータでは、乗用車・2輪車・商用車など、すべての車両を含めた任意保険の普及率は、対人賠償において74.6%、対物賠償において74.7%となっており、4台に1台は任意保険に未加入という状態です。

 乗用車のみのデータを見ても、自家用普通乗用車(通称『3ナンバー車』)で82.3%(対人賠償・対物賠償は同比率、以下同様)、自家用小型乗用車(通称『5ナンバー車』)で78.9%、軽四輪乗用車で77.2%と、やはり未加入のクルマが一定数存在します。

 もし、任意保険未加入のクルマが事故に遭遇すると、どのような事態となるのでしょうか。

 事故対応の経験を持つ前出の担当者は、当時の事故対応のエピソードについて次のように話します。

「私の営業所の管轄内で、任意保険未加入の人が事故を起こしたことがあります。そのときは、私どもの保険に加入されているお客様が事故に遭われて、その事故相手が任意保険に入っていませんでした。

 駐車場内で起きた事故で、加入者のクルマに保険未加入の人のクルマが突っ込んできた、という内容になります。

 このときのように片方のクルマが停止しているような、過失割合10対0の事故の場合、通常は1か月程度ですべての処理が完了するのですが、この件では3か月以上要したことを記憶しています」

※ ※ ※

 担当者は駐車場で起きた事故の結末について、「保険に加入されている方の立場から、我々スタッフが責任をもって事故相手と交渉をおこないました。時間がかかったものの、最終的には相手に全額賠償いただいております」と振り返ります。

 また、事故を起こした双方が任意保険未加入だった場合が仮に起きてしまったら、という質問に対しては、「もはやその事故は解決しないのでは、とさえ思います」と答えました。

 自賠責保険の引き下げは、ドライバーの立場から見れば喜ばしいことです。しかし、任意保険をはじめとした事故への備えを過度に切り詰めることは、最終的には大きな代償としてドライバーへ跳ね返ってきます。

 カーライフにおけるリスクを下げるためにも、すべてのドライバーが最低限の備えをする必要があるといえるでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します