サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿:予選|アレックス・パロウが今季3度目のPP! 山本尚貴5番手、ニック・キャシディ6番手で天王山へ

ここから本文です

スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿:予選|アレックス・パロウが今季3度目のPP! 山本尚貴5番手、ニック・キャシディ6番手で天王山へ

スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿:予選|アレックス・パロウが今季3度目のPP! 山本尚貴5番手、ニック・キャシディ6番手で天王山へ

 2019全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦の公式予選が鈴鹿サーキットで行われた。ポールポジションを獲得したのはアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)で、コースレコードに迫る1分35秒972をマークした。

 午前中に行われたフリー走行では太陽が顔を出していたが、予選開始直前の正午過ぎには雲に覆われてしまった。気温23℃、路面温度25℃というコンディションで予選Q1が行われた。

■SF最終戦鈴鹿|ランキング上位3人が登場、タイトルに向けた意気込み語る

 Q1は第6戦岡山と同じく2グループ制で行われた。まずは山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)らが出走するA組のセッションがスタート。まずはパロウが先陣を切ってコースインし、じっくりとタイヤをウォームアップさせた。

 土曜フリー走行でクラッシュを喫していたハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)もチームの懸命な修復作業の甲斐あって、このセッションに加わることができた。破損していたリヤウイング、リヤカウルなどはカラーリングされていないスペアパーツで代用されていた。

 パロウは計測3周目にアタックラップを行い、1分37秒871をマークした。一方で計測2周目にアタックに入った山本は1分37秒934で2番手に続いた。平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がセッション終了とほぼ同時にタイムを更新し、1分38秒041を記録して3番手に浮上した。これにより、6番手につけていた小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)はノックアウトされてしまった。

 そしてその直後には、ニューウェイが1分38秒394をマーク。6番手に滑り込み、国本雄資(KONDO RACING)をノックアウトした。石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)はデグナーへの侵入で外側の芝生にタイヤを乗せてしまい、コースオフ。ここで予選を終えることとなってしまった。

 Q1のA組がパロウがトップ通過。脱落となったのは7番手から順に国本、小林、中山雄一(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、石浦となった。

 続いてB組のセッションがスタート。今大会がスーパーフォーミュラデビュー戦となるユーリ・ヴィップス(TEAM MUGEN)がまず1分38秒390を記録すると、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分37秒393でそのタイムを大幅に上回った。そして牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)も1分37秒419をマークし、福住と僅差の2番手につけた。

 3番手以下はタイム差が拮抗していたが、セッション終盤にはルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)が1分37秒737をマークして3番手に浮上。さらに山本、パロウらとタイトルを争うニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)も最後に1分37秒501を叩き出して脱落圏内から脱出した。これにより、坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)と関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)はQ3進出ラインからはじき出されてしまった。

 Q1のB組は福住トップタイムをまま終了。脱落となったのは7番手から順に坪井、関口、大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、ヴィップスだ。セッショントップタイムはB組の方が速かったことから、B組7番手の坪井が13番グリッド、A組7番手の国本が14番グリッドに並ぶことになる。

 Q1を突破した12台で争われるQ2では、ホンダ/M-TECエンジン勢が速さを見せた。山本が1分36秒486でトップに立つと、福住が1分36秒124でそれを塗り替え、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGのワンツーとなった。

 TCS NAKAJIMA RACINGの2台やアウアー、野尻智紀(TEAM MUGEN)らが上位につけた一方で、トヨタ/TRD勢はタイムが伸びない。そんな中、最後にキャシディが1分36秒802をマークし、Q3進出圏内の8番手に滑り込み。悲願のタイトル獲得に向けた執念を見せた。

 Q2脱落となったのはニューウェイ、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、山下健太(KONDO RACING)、平川の4台。キャシディはトヨタ/TRD勢で唯一Q3に進出したドライバーとなった。

 ポールポジションを決する7分間のQ3では、残り4分半となったところでキャシディが最初にコースイン。一方でDOCOMO TEAM DANDELION RACINGやTCS NAKAJIMA RACINGは残り3分頃からピットアウトした。計測1周目でのアタックに全てを賭けた。

 ここで速さを見せたのはパロウ。1分35秒972をマークしてトップに躍り出た。2017年に中嶋が記録した1分35秒907というコースレコードにはわずかに届かなかったが、パロウの驚速タイムは山本、福住をもってしても上回ることはできなかった。

 最後には2周のウォームアップを挟んだキャシディと野尻がホームストレートに帰ってきた。野尻が1分36秒084という好タイムで2番手に浮上したのに対し、キャシディは山本の後ろ6番手となった。

 ここでセッションが終了。パロウが第4戦富士、第5戦もてぎに続く今季3回目のポールポジションを獲得して1ポイントを加算した。これによりタイトル争いは山本29ポイント、キャシディ28ポイント、パロウ26ポイントとなり、パロウが上位2名に接近してプレッシャーをかける形となった。

 そして2番手には野尻、3番手にはアウアーが入った。4番手以下は福住、山本、キャシディ、塚越広大(REAL RACING)、牧野というオーダーとなった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します