サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディが「A6アバント」にもプラグインHVモデルを追加

ここから本文です

アウディが「A6アバント」にもプラグインHVモデルを追加

システム総合で367ps/500Nmを発揮する2Lハイブリッドの「55 TFSI eクワトロ」

4月27日、アウディは「A6アバント」のラインナップに、2Lガソリンエンジンを組み合わせたプラグインHV(ハイブリッド)仕様の「55 TFSI eクワトロ」を設定したと発表した。欧州市場での価格は7万1940ユーロ(約835万円)からとなっている。

「レンジローバー・イヴォーク」と「ランドローバー・ディスカバリースポーツ」のプラグインHV仕様が欧州で受注開始!

「A6アバント55 TFSI eクワトロ」には、252ps/370Nmを発揮する2L直列4気筒ターボエンジンに、141ps/350Nmを発する電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドパワートレインを搭載。システム総合で、トータル367ps/500Nmを引き出す。

トランスミッションは7速Sトロニックで、5.7秒の0-100km/h加速、250km/hの最高速を実現。その一方で、WLTPモードによるハイブリッド燃費は最高で52.6km/Lをマークする。

リチウムイオンバッテリーのエネルギー容量は14.1kWhで、EVモード走行時は最高で51kmの航続距離を達成。その際のトップスピードは135kmに届く。

走行モードは「ハイブリッド」、「EV」、「ホールド」の3モードを設定。ハイブリッドモードでは、予測効率アシストによりナビに設定された目的地に向けて電気とガソリンを効率的に使用。必要な場合は、エンジンで得たエネルギーでバッテリーに充電する。EVモードはモーターだけによるゼロエミッション走行が可能だ。そしてホールドモードは、充電されている電気エネルギーを温存することができる。




内外装では、Sラインエクステリアパッケージやブラックスタイリングパッケージが標準装備されるほか、マトリクスLEDヘッドライトやスポーツシート、4ゾーン式オートエアコン、デジタルメーターの「アウディバーチャルコックピット」といったアイテムも搭載。また、スポーツサスペンションや19インチホイール、レッドブレーキキャリパーも装備される点も特徴として挙げられる。

プラグインハイブリッドシステムの搭載により、荷室は通常のエンジン車より容量が小さくなるが、後席使用時で405L、リヤシートを倒した最大時で1535Lを確保(エンジン車はそれぞれ565L、1680L)。フラットで使いやすい荷室フロアを実現している。


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します