サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スマホ等”ながら運転”の厳罰化スタート【違反点数は3倍に引き上げ】

ここから本文です

スマホ等”ながら運転”の厳罰化スタート【違反点数は3倍に引き上げ】

YMショートニュース|二輪業界ネタピックアップ

運転中のスマホ使用やナビの注視など、「ながら運転」を厳罰化した改正道交法の施行令が2019年12月から施行された。

[愛知県が17年ぶり全国ワーストを脱却]2019年の交通事故死者数が過去最少の3215人に

交通の危機(ながら運転などにより事故を起こした場合)

運転中に携帯電話などの「ながら運転」で事故を起こした場合、これまでの違反点数は2点だったが、新道交法では一発免停の6点に。罰則についても、「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと大きく引き上げられた。また、改正後は反則金納付はなくなり、直接的に罰則が適用される。

―― 交通の危機(ながら運転などにより事故を起こした場合)

保持(運転中の携帯電話の使用など)

ながら運転(保持)については、違反点数が1点から3点へと3倍に引き上げられ、罰則は「5万円以下の罰金」のみだったのが「6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金」へと厳罰化され、反則金についても小型が5000円から1万2000円、二輪車が6000円から15000円、普通自動車が6000円から1万8000円、大型自動車が7000円から2万5000円まで引き上げられた。

ちなみに、ハンズフリーでの通話は今までどおり合法で問題ない。

―― 保持(運転中の携帯電話の使用など)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します