サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第1回:レッドブル育成として臨むFIA F3では「優勝狙える」と自信

ここから本文です
 角田裕毅がF1デビューを果たした2021年シーズン、日本のF1ファンの熱量は近年稀に見るレベルまで高まっている。ただ、そんな角田に続かんとばかりに、ヨーロッパで快進撃を続けているひとりの日本人ドライバーがいる。それが今季からFIA F3に参戦する岩佐歩夢だ。

 岩佐は2019年、鈴鹿サーキットレーシングスクールのフォーミュラ部門、SRS-Fを首席で卒業した。佐藤琢磨プリンシパル(校長)、中野信治ヴァイス・プリンシパル(副校長)の新体制で初めてのスカラシップ生となった岩佐が、翌2020年に参戦することになったのはフランスF4。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン