現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > セレンスの緊急車両検知技術をBMWが採用…自動運転レベル3を強化

ここから本文です
セレンスの緊急車両検知技術をBMWが採用…自動運転レベル3を強化
写真を全て見る(4枚)

セレンスは6月5日、BMWグループがセレンスの緊急車両検知技術「Cerence EVD」を採用したと発表した。今回の採用によりBMWは、レベル3条件付き自動運転システム「BMW Personal Pilot L3」の安全機能を強化する。

Cerence EVDは、パトカー、消防車、救急車のサイレンを確実に検知する技術で、緊急信号固有の音響構造を認識する。自動運転システムにおいて緊急車両が接近した際に道を譲るなどの適切な対応をドライバーにアドバイスする。例えば、自動運転の切り替えを遅らせたり、車内のオーディオの音量を下げたりする。

記事全文を読む

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

オペルの新型商用EV、レベル2自動運転も可能に…3車種で先進運転支援システム拡充
オペルの新型商用EV、レベル2自動運転も可能に…3車種で先進運転支援システム拡充
レスポンス
ZF、商用車向け先進運転支援システム発表…自動で車線変更が可能に
ZF、商用車向け先進運転支援システム発表…自動で車線変更が可能に
レスポンス
BMW『M4クーペ』と『M4カブリオレ』の改良新型を発売…Mハイ・パフォーマンス・モデル
BMW『M4クーペ』と『M4カブリオレ』の改良新型を発売…Mハイ・パフォーマンス・モデル
レスポンス
新型はワゴンのみ、VW『パサート』は安全性能も進化、ユーロNCAPで最高評価の5つ星
新型はワゴンのみ、VW『パサート』は安全性能も進化、ユーロNCAPで最高評価の5つ星
レスポンス
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
レスポンス
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
レスポンス
[15秒でニュース]VW車にChatGPT搭載…AI搭載で多様なオプションを提供
[15秒でニュース]VW車にChatGPT搭載…AI搭載で多様なオプションを提供
レスポンス
GLMとエバスペヒャーミクニ、車載用サブバッテリー+パーキングクーラーのセット販売を開始
GLMとエバスペヒャーミクニ、車載用サブバッテリー+パーキングクーラーのセット販売を開始
レスポンス
新型モジュール搭載でKバンド受信範囲拡大…ユピテルから新レーザー&レーダー探知機「YK-3000」発売
新型モジュール搭載でKバンド受信範囲拡大…ユピテルから新レーザー&レーダー探知機「YK-3000」発売
レスポンス
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
BMW『M5』新型、ワールドプレミアの瞬間…グッドウッド2024
レスポンス
東陽テクニカは“はかる”技術で脱炭素に貢献…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋で展示へ
東陽テクニカは“はかる”技術で脱炭素に貢献…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋で展示へ
レスポンス
アルファロメオ『ジュニア』に搭載された、2つの世界初公開技術とは
アルファロメオ『ジュニア』に搭載された、2つの世界初公開技術とは
レスポンス
40年ぶりに復活「フォード・カプリ」は電動SUVに、コンセプトは「家族向けスポーツカー」
40年ぶりに復活「フォード・カプリ」は電動SUVに、コンセプトは「家族向けスポーツカー」
レスポンス
オペルのミニバン『コンボ』にEV登場、航続345km
オペルのミニバン『コンボ』にEV登場、航続345km
レスポンス
15歳から運転できる超小型EV『Silence S04』スペインから誕生、バッテリーは交換式
15歳から運転できる超小型EV『Silence S04』スペインから誕生、バッテリーは交換式
レスポンス
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
レスポンス
インフィニティの高級SUVクーペ『QX55』、2025年型を米国発表 「VCターボ」搭載
インフィニティの高級SUVクーペ『QX55』、2025年型を米国発表 「VCターボ」搭載
レスポンス
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
レスポンス

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1554.01588.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

60.01465.0万円

中古車を検索
7シリーズの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1554.01588.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

60.01465.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村