サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中国スタートアップのオートX、自動運転技術でホンダと提携 「レベル4」の公道テスト

ここから本文です
 中国のスタートアップのオートXは16日、ホンダの中国子会社の本田技研科技(中国)と、自動運転技術の開発で提携したと発表した。オートXの自動運転「レベル4」(一定条件での完全自動運転)システムをホンダの「アコード」と「インスパイア」に搭載し、中国・広東省の一般公道でテスト走行を実施する。中国の交通状況に適した安全で高度な自動運転技術の開発を目指す。

 オートXは自動運転技術を開発している中国の新興企業で、アリババも出資している。昨年4月に中国深圳市で、ドライバーが無人のロボタクシーの実証実験を実施し、今年1月には中国初となるロボットタクシーの運用を上海で開始している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン