現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 999台限定、1012馬力のPHEV 英アストン マーティン、2024年生産開始

ここから本文です

999台限定、1012馬力のPHEV 英アストン マーティン、2024年生産開始

掲載
999台限定、1012馬力のPHEV 英アストン マーティン、2024年生産開始

最新プロトタイプ公開 デザイン変更か

英国の自動車メーカーであるアストン マーティンは、スーパーカーのヴァルハラの最新プロトタイプを公開した。2024年から999台限定で生産する予定だ。

【画像】神は細部に宿る… 英アストンの次世代ハイパーカー【アストン マーティン・ヴァルハラの内外装を写真でじっくり見る】 全27枚

ヴァルハラはハイブリッド化された4.0L V8ツインターボから最高出力1012psを発生し、シャシーにはF1技術を応用したセットアップを施す。同社初のPHEV(プラグインハイブリッド車)であり、「アストン マーティンの新たな定義を告げるもの」とされている。

ヴァルハラはまた、アストン マーティンの変革プラン「プロジェクト・ホライゾン」においても不可欠なモデルでもある。同社は2026年までに8車種もの新型車を発表する予定で、その中にはヴァンテージやDBSの後継車なども含まれる。

今回公開された画像では、英国のシルバーストン・サーキットでテスト走行を行うヴァルキリーのプロトタイプの姿が写っている。公道テストは年明けから開始される予定だ。

また、ヘッドライトのデザイン変更が確認できる。上部に3連のLEDデイタイム・ランニング・ライトが装備され、印象を改めている。エアロパーツのディテールにも違いが見られるが、市販仕様かどうかは明らかではない。

車両価格は未定だが、以前から噂されていた100万ポンド(約1億8000万円)より低く、60万~70万ポンド(約1億~1億2500万円)に設定されると予想されている。

F1技術を応用した次世代スーパーカー

ヴァルハラは2019年にコンセプトモデルが公開されたが、F1チームが開発に参加したことでその内容は大きく変わった。当初計画されていた自社開発V6エンジンの搭載は見送られ、メルセデスAMGの4.0L V8ツインターボに変更された。これに8速DCTを組み合わせ、後輪駆動としている。

AMG GTブラックシリーズと同様、ヴァルハラのV8はフラットプレーン・クランクを採用し、パフォーマンスとレスポンスの高さが強調されている。リアデッキ上部の軽量エグゾーストシステムには調整可能フラップを備え、「本物のアストン マーティンのサウンドキャラクター」を実現するという。

同社の市販車としては初めて、フロントとリアに電気モーターを1基ずつ搭載し、204psを発生させる。パワートレイン全体の合計出力は1012psに達し、0-100km/h加速2.5秒、最高速度350km/hを実現。そして、ニュルブルクリンクのラップタイム6分30秒を目標としている。

EVモードではフロントモーターのみを使用し、バッテリーの電力で約13km走行できるが、通常の走行状況ではエンジンを支援し、必要に応じて前後アクスルにトルクを配分する。電子制御式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルによりトラクションを高め、8速DCTから従来のリバースギアを切り捨てることで軽量化を図っている。

シンプルな内装、公道での快適性にも配慮

アストン マーティンによると、カーボンファイバー製シャシーを採用し、目標乾燥重量1550kgで「比類のないパワーウェイトレシオ」を実現するという。また、巨大なベンチュリートンネル、アクティブフロントスプリッター、リアウィングなどを備え、240km/h走行時で最大600kgのダウンフォースを生み出すと謳われている。

インテリアでは、ヴァルキリーとほぼ同じ四角いステアリングホイールが装備されているが、ステアリング中央のディスプレイはない。同社のデザイナーは「明確でシンプルなエルゴノミクスを追求し、ドライバーを中心に据えたコックピット・デザイン」と語る。

また、アップル・カープレイとアンドロイド・オート搭載のインフォテインメント・タッチスクリーン(画像では格納されている)、デュアルゾーン・エアコン、リアビューカメラ、先進の運転支援システムなど、快適性と使い勝手を高める装備も充実している。

こんな記事も読まれています

[15秒でわかる]メルセデスベンツ『eアクトロス600』…大型EVトラックが量産間近
[15秒でわかる]メルセデスベンツ『eアクトロス600』…大型EVトラックが量産間近
レスポンス
【ベンツとアウディの一騎打ち】36枚もの画像とともに綴るエステートカー対決 アウディA6アバント対メルセデスE 220 dエステート
【ベンツとアウディの一騎打ち】36枚もの画像とともに綴るエステートカー対決 アウディA6アバント対メルセデスE 220 dエステート
AutoBild Japan
高速空白地帯「豊橋」が「新東名直結」に!? 将来は長野直結!?「浜松湖西豊橋道路」手続き進行中 自動車工業地帯に念願の高速道路
高速空白地帯「豊橋」が「新東名直結」に!? 将来は長野直結!?「浜松湖西豊橋道路」手続き進行中 自動車工業地帯に念願の高速道路
くるまのニュース
ケータハム『スーパーセブン600&2000』を発表…初期のスーパーセブンにインスピレーション
ケータハム『スーパーセブン600&2000』を発表…初期のスーパーセブンにインスピレーション
レスポンス
220馬力のホットハッチ アルピーヌ新型「A290」世界初公開! ブランド初のピュアEVは全長4mの5ドア・スポーツモデル
220馬力のホットハッチ アルピーヌ新型「A290」世界初公開! ブランド初のピュアEVは全長4mの5ドア・スポーツモデル
VAGUE
タクシー配車アプリの普及で「なりすまし乗車」問題勃発! 他人が乗ってお金だけ支払う最悪の事態は日本でも起こり得る!!
タクシー配車アプリの普及で「なりすまし乗車」問題勃発! 他人が乗ってお金だけ支払う最悪の事態は日本でも起こり得る!!
WEB CARTOP
日産 新型「“3列7人乗り”ミニバン」初公開に大反響! 全長“5m”級&大開口スライドドア! 利便性バッチリな「エヴァリア」フランス登場! 日本販売熱望の声も
日産 新型「“3列7人乗り”ミニバン」初公開に大反響! 全長“5m”級&大開口スライドドア! 利便性バッチリな「エヴァリア」フランス登場! 日本販売熱望の声も
くるまのニュース
コンパクトボディとエキサイティングなスポーツライディングを実現! スズキが「GSX-R1000」2025年モデルを北米で発売
コンパクトボディとエキサイティングなスポーツライディングを実現! スズキが「GSX-R1000」2025年モデルを北米で発売
バイクのニュース
現状F1最速はマクラーレン? フェラーリのサインツJr.が指摘「最も安定している。弱点が見えない」
現状F1最速はマクラーレン? フェラーリのサインツJr.が指摘「最も安定している。弱点が見えない」
motorsport.com 日本版
BMWアルピナ B8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
BMWアルピナ B8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
5月のSUVセールスランキング、ヤリスクロスが首位奪回!(24年5月の軽自動車を含むSUV車販売登録ランキングTOP20)
5月のSUVセールスランキング、ヤリスクロスが首位奪回!(24年5月の軽自動車を含むSUV車販売登録ランキングTOP20)
カー・アンド・ドライバー
マイナーチェンジされた新型ヴェゼルをリアルワールドで試乗、クラストップレベルの走りを実感
マイナーチェンジされた新型ヴェゼルをリアルワールドで試乗、クラストップレベルの走りを実感
月刊自家用車WEB
1995年式の70ランクルがレンタル可能に!Vintage Club by KINTOとランクルBASEがコラボレーション!
1995年式の70ランクルがレンタル可能に!Vintage Club by KINTOとランクルBASEがコラボレーション!
月刊自家用車WEB
三菱自動車、「デリカミニ」、「eK スペース」を一部改良 ボディーカラーの追加やサイバーセキュリティ対策を実施
三菱自動車、「デリカミニ」、「eK スペース」を一部改良 ボディーカラーの追加やサイバーセキュリティ対策を実施
月刊自家用車WEB
ホンダアクセス、新型アコード 純正アクセサリーの人気ランキングを発表
ホンダアクセス、新型アコード 純正アクセサリーの人気ランキングを発表
月刊自家用車WEB
【ポイントランキング】2024年FIA F2第6戦バルセロナ終了時点
【ポイントランキング】2024年FIA F2第6戦バルセロナ終了時点
AUTOSPORT web
アプリリア「SX125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
アプリリア「SX125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
【F1第10戦決勝の要点】スペインGPでの2つの予想外。アストンマーティンの遅さとアルピーヌの健闘
【F1第10戦決勝の要点】スペインGPでの2つの予想外。アストンマーティンの遅さとアルピーヌの健闘
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村