サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン「チャンピオンのやることではない」と意気消沈。メルセデスは「ミスでなく不運でPPを逃した」/F1第15戦

ここから本文です
 2021年F1ロシアGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは4番手、バルテリ・ボッタスは7番手だった。

 Q3の最初のランが終わった段階では、ハミルトンがトップ、ボッタスは3番手に位置していた。しかしメルセデスはインターミディエイトタイヤからソフトに交換してコースに復帰するタイミングが他チームより遅く、フライングラップを1周しか走れなかったためにタイヤが温まらず、ふたりともインターミディエイトでの自己ベストタイムを更新できずに後退した。ハミルトンはソフトに交換するピットインの際に、ピット入口のウォールにヒット、フロントウイングを交換しなければならなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ