サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT富士予選、GT300クラスは61号車BRZがPP獲得。55号車NSXと僅差の決着

ここから本文です
 2021年スーパーGTシリーズ第2戦の公式予選が5月3日に富士スピードウェイにおいて行われ、GT300クラスは61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポールポジションを獲得した。


 晴れたり曇ったりの富士。気温16℃、路面温度24℃で14時30分に始まったGT300クラスの公式予選Q1は、参加29台をチームランキングによりA組15台、B組14台と2つに区分。ここで各組8台ずつがQ2進出を決め、Q2進出が叶わなかった13台はグリッドが確定することになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン