サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ、スタート時のタイヤ選択は正解じゃなかった? ホーナー代表悔やむ

ここから本文です
 F1ポルトガルGPの予選Q2で、メルセデス勢はミディアムタイヤを履いて最速タイムを記録。これにより、このミディアムタイヤでレースをスタートする権利を手にした。

 一方で今季メルセデスに唯一太刀打ちできているレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ソフトタイヤでQ2を突破。決勝レースもソフトタイヤでスタートすることになった。チームメイトのアレクサンダー・アルボンも、ソフトタイヤでQ2を突破した。

おすすめのニュース

サイトトップへ