サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅のトラブルは燃料圧力の低下。ホンダ田辺TD「急に異変が起きて、燃料が来なくなった」|F1スペインGP

ここから本文です

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1スペインGPの決勝レース7周目に突如マシンがストップ。リタイアに終わった。ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターによれば、角田を襲ったトラブルは、燃料圧力の低下が原因だったという。

 角田は16番グリッドからスタート。1周目にはいくつか順位を下げてしまったものの、5周目にはスタート位置に戻り、前を行くアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)との差を詰めつつあった。

■Q1敗退の角田裕毅、『同じクルマか疑問』発言を謝罪。「自分のパフォーマンス不足に腹が立っていた」

 しかし7周目のターン10のブレーキング時に突如エンジンがストップ。コース上にマシンを停めることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン