サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スポーツ指向のロードバイク(自転車)、どんな種類がある?【2021年版】

ここから本文です

スポーツ指向のロードバイク(自転車)、どんな種類がある?【2021年版】

■ロードバイク(自転車)と言っても、種類はざまざま【2021年版】

 整備された路面を軽快に走ることができるロードバイク(自転車)。少ない力で速く走るために、設計はもちろん素材や形状にまで工夫が凝らされています。

もはや神レベル!? フランスの自転車メーカー「TIME」2022年ハイスペックモデル登場!

 移動スピードが高く、高速域での安定性が求められるため、いわゆるキャスター角は直進安定性が高いように設計されています。用途が違うママチャリやMTB(マウンテンバイク)とは、基本的なジオメトリーの設計も変わります。

 使用される素材においても、ハイエンドモデルのフレームはほぼカーボン製です。これはカーボンファイバーの特性と言える振動減衰性や軽さなど、ロードバイクの性能を高める素材としては理想的だからです。

 また、形状設計もユーザーの好みが反映されやすいところ。空気抵抗を軽減するような翼状断面形状のフレームは「エアロフレーム」と呼ばれ、平地などハイスピード領域での用途として好まれています。デメリットはやや重くなってしまうことですが、特殊なビジュアルは目を引くものがあります。

 一方で、軽さにフォーカスしたフレームは「軽量フレーム」や「オールラウンド系」などと呼ばれ、エアロフレームよりも軽く仕上がっており、使う場面を選ばないのが特徴です。最新鋭のフレームはそれぞれの特徴をバランスよく取り入れた形状となっています。自由度の高い形状設計はカーボンファイバーならでは、とも言えます。

 ロードバイクの派生型としては、ロングライドにフォーカスしたジオメトリー設計で、無理なくゆったりとした乗車姿勢で長距離でも快適に、しかしスピードも追求しているロードバイクは、総じて「エンデュランスロード」と呼ばれています。

 快適だからといって走行性能が劣るわけではないのが最近のフレームのすごいところで、いずれも根底には「速く走るため」のバイクであるということに変わりはありません。

 大手メーカーでは上記のようなモデルがシリーズ化されています。どんなロードバイクが欲しいのか、迷った時には用途によって選ぶと決めやすいかもしれません。

 最近ではロードバイクから派生したジャンルで、「グラベルロードバイク」も勢力を伸ばしています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します