サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 消えたオービスを捜せ?  新東名の初号機LHシステムが、警告板と撮影ポイントマークを残したまま、突然、行方不明に!!

ここから本文です
2013年、開通後1年を経て、新東名高速下りの長泉沼津IC直前に設置された、自動速度取締機、LHシステム。黒い電光案内板の真下で、さらに正面から見ると黒っぽく見える端末が2車線を狙うという、特に夜間は危険オービスのひとつとして恐れられていたのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ