サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2テルエル決勝:サム・ロウズ、圧巻8秒差つけて3連勝達成。長島哲太14位

ここから本文です

 モーターランド・アラゴンでMotoGP第12戦テルエルGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はサム・ロウズ(EG 0,0 Marc VDS)だった。


 今回の予選では、前戦アラゴンGPから好調のロウズが連続でポールポジションを獲得。2番手にはホルヘ・ナヴァッロ(Lightech Speed Up)、3番手にはレミー・ガードナー(Onexox TKKR SAG Team)が並んだ。日本の長島哲太(Red Bull KTM Ajo)はQ1敗退で25番手と後方グリッドとなった。

■MotoGPテルエル決勝:中上貴晶、ホールショット奪うも転倒リタイア。優勝はモルビデリ

 レース開始時には気温23℃とこの日最も高い気温。路面温度は28℃だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ