サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1浅木PU開発責任者インタビュー:密接な意思疎通で年々早まる開発ペース「目標はメルセデスと同等かそれ以上」

ここから本文です

 タイトル争いが期待される今年のレッドブル・ホンダ。ホンダも例年以上に気合いが入っており、ウィンターテスト前半の三日間には、浅木泰昭HRD Sakuraセンター長が日本から駆けつけ、テストの行方を注視していた。テスト前半を終えた段階での手応え、抱負を聞いてみた。

──────────

ホンダF1、テスト1を順調に終了、3日間で855周「有意義なテスト前半。一層の改善狙い膨大なデータを分析する」と田辺TD

──3日間を終えて、どんな手応えを得ていますか。
浅木泰昭HRD Sakuraセンター長(以下、浅木センター長):予定通りという感じですね。

──想定通りの数値が出ているのですか?
浅木センター長:まあ、そんなところです。

おすすめのニュース

サイトトップへ