サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高貴ですらある“裏”カリナンで千年の都へ。Vol.1

ここから本文です

本拠地の京都と東京の間をドライブしたクルマは200台以上。そのなかで文句なしのベストモデルはカリナンだった。しかもそれはオルターエゴである“ブラックバッチ”。京都をゆく、オーセンティックブランド、ロールス・ロイス初のSUVとは……。

Rei.Hashimoto「東京~京都」ドライブで文句なしのベストモデル

70年間、真のスポーツカーであり続けるヴァンテージ(前編)

この5月で京都に本拠を移して丸9年が経つ。とはいえ仕事の中心は相変わらず東京だから、多いときには週に一度のペースで往復する(4月以降はできてないけれど)。

おすすめのニュース

サイトトップへ