サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 雲の上にそびえる南部富士を振り返りながら峠を越える(岩手県 八幡平アスピーテライン)【雲海ドライブ&スポット Route 15】

ここから本文です

岩手山の眺めがすばらしい東北を代表する絶景ロード【八幡平アスピーテライン】

八幡平アスピーテラインは、奥羽山脈を越え、岩手県八幡平市と秋田県仙北市との間に延びている。全長は約40km、最高地点の標高は1572m(見返峠は1540m)。東北を代表するワインディングロードのひとつだが、道自体はさほど険しい山道ではない。

果てしなく広がる大樹海の上に雲海が押し寄せてくる(北海道 国道273号・三国峠)【雲海ドライブ&スポット Route 05】

岩手県側も、秋田県側も、登り口のタイトコーナーの連続で高度を稼いでしまうと、あとは高原地帯を抜けるようにゆったりとしたアップダウンが続いていく。

おすすめのニュース

サイトトップへ