サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、レッドブルへのパワーユニット供給否定の”理由”説明「PU供給では、恩恵を受けることができない」

ここから本文です
 ホンダは、2021年シーズン限りでF1へのパワーユニット(PU)・サプライヤーとしての参戦を終了させることを決めた。これによりレッドブルとアルファタウリは、次に組むPUメーカーを早急に探さなければならなくなった。

 メルセデスのトト・ウルフ代表は、アイフェルGPの週末に、レッドブルにPUを供給する可能性について否定。レッドブルにとって残る選択肢はフェラーリもしくはルノーという二択となったが、現在供給しているチーム数を考えれば、ルノーと話を進めるのではないかという見方が強い。

おすすめのニュース

サイトトップへ