サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スーパーフォーミュラ歴代王者でF1にステップアップはゼロ! 「日本のレースはレベルが低い」の揶揄は正当か?

ここから本文です

 スーパーフォーミュラを「F1に近い」と語るドライバーも

 2013年に国内最高峰フォーミュラとして誕生したスーパーフォーミュラにおいて、これまでの歴代チャンピオンのなかに、F1へステップアップしたものはいない。

【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

 一方で2021年にF1デビューを果たした日本人ドライバーの角田裕毅がそうであるように、FIA-F2参戦ドライバーの多くが、タイトルを獲得せずとも数レースで優勝し、ランキング上位につけたことでF1参戦のチャンスを掴んでいることから、レースに不案内な人のなかには「日本のレースはレベルが低い」という声もあるが、その指摘は間違いだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン