サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則185】フェラーリ612スカリエッティは途方もない性能を備えた大人のクルマ

ここから本文です
2004年に456Mの後継として登場したフェラーリ612スカリエッティ。大排気量のV12エンジンをフロントに搭載した4シータークーペは、技術や性能というより、クルマ作りの世界観のようなもので乗る者を圧倒した。612スカリエッティはどんなモデルだったのか、Motor Magazine誌のテストを振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2006年5月号より)

センスも男も磨いてこないと乗りこなせない
俳優の石田純一は誤解されている。代表作と呼べる出演作品も最近は少なく、テレビのバラエティショーやクイズ番組でお茶を濁しているばかりの軽薄な中年男。

おすすめのニュース

サイトトップへ